kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「スマホゲーム依存」の問題ではなく、親の金を「盗む」ことが問題という話

探したところインターネット上の記事にはなっていなかったのですが、購読している産経新聞の本日の朝刊の一面でスマホゲーム「依存」の問題が取り上げられていました。

取材で取り上げられていた人は、就職に失敗したり体調を崩したりという付加的な要因もあるのですが、本質的には、

スマホゲームにはまり課金に大金を費やしていた。
・そのお金は両親のカードを勝手に使って工面していた。
・堪忍袋の緒が切れた母親から、住んでいた実家を追い出され更正施設に送られた。

と言った内容だったのですが、率直に思ったことは、

スマホゲーム」は本質的には全く無関係ではないか?

ということです。

※ ※ ※ ※ ※

親のカードを親の知らないところで勝手に使っていれば、それは親の金を「盗んで」いるのと同じですから、これは本人の道徳心の問題のように思います。

そもそも、自分の稼ぎの許す範囲であればどれだけ大金を使おうが問題無い訳で、親の金を盗んだり、もしくは返せないほどの借金をして浪費(使ったお金で一定の資産形成等をするのではなく使いっぱなしの対象に使うというような意味です)してしまうのは「自分の稼ぎの範囲でお金を使う」という大人としての当たり前の価値観が備わっていないという問題であるように思います。

仕事の失敗や健康の悪化など、他にも色んな「嫌なこと」が誰しもあるものですが、圧倒的多数の人々はそのようなことがあったからと言って「ヤケになり」親の金を盗んだり無謀な借金をしてまで浪費なんてしない訳で、そのような行動に至ってしまうのは人間としての何らかの問題を抱えているのだろうと思います。

以上のような問題により浪費に至ってしまう場合、その対象は「スマホゲーム」で無くとも他にも色んなものがあるように思いますし(昔からあるもので言えばお酒やギャンブル)、それを「スマホゲーム」のみピックアップして例えば規制強化などの対策を打っても「本質的な解決」にはならないのだろうと思います。

※ ※ ※ ※ ※

我が国はこれだけ成熟し豊かでもあり、更には「自由競争を是」とする国なのですから、何か「依存性があるほど面白い」というようなものを一つ「規制」したって、次から次からそのような「魅力的なもの」が出てくるのは自明の理であるように思いますし、それを過度に「規制」するような行動はいわゆる「いたちごっこ」のように思えます。

本質的に解決するには皆が「そのような誘惑に負けないような心」を持つしか無いのだろうと思います。

その為の対策がどのようなものであるかは今回は論じないのですが(専門家でもありませんし大したことも書けません)、スマホゲーム」という一点のみをピックアップして規制強化するような流れは間違っても本質的な解決にはならないのではないか?という点が今回記したかった内容となります。

私自身は「スマホゲーム」というのは一度もやったことがありませんし子供にも今のところやらせてませんが(現在小学四年生でまだスマホを持たせていない)、自分の嗜好性と上で述べた「本質」は全く別問題であると思っています。

「ご褒美」で子供に勉強をやらせても無意味、は本当か?

我が家の息子(小学四年生)の件ですが、少し前に算数検定6級(小学六年生レベル)を受験したことを当ブログで記しましたが、つい先日合格発表があり、無事に合格しておりました。

少し前のブログでも記しましたが、今回の受験は父親の私よりも息子本人のほうが「絶対に受かりたい」と奮起した感じだったので、合格という結果で非常に良かったなと思っています。

※ ※ ※ ※ ※

さて、算数検定の受験準備に限らず息子には小学一年生になる頃から自宅で算数の自主勉強をやらせている訳ですが、実は「ご褒美」を与えています。

毎日一枚ずつやっているプリントが100枚終わったら盤ゲームを買ってあげる、みたいな感じです。買うものは年齢により異なります。

そして今回の算数検定でも「合格」に対するご褒美はあります。

※ ※ ※ ※ ※

では息子は、ずっと「ご褒美欲しさ」に算数の勉強を頑張っているのかと言えば、それは違うだろうと確信的に思っています。

毎日毎日私自身が算数の勉強を見ているので分かるのですが、確かに最初の小さな内は「ご褒美欲しさ」という気持ちも強かったのかも知れませんが、学校の勉強よりかは比較的高度な問題(現在なら難しい文章問題や図形の問題など)をやらせているのですが、難しい内容を理解し解けるようになると、似たような問題で解けない時に本気で悔しがりますし真剣に説明を聞くようになります。

そして私の勝手な方針ですが「方法論よりも中身の本質をメイン」で教えているのですが、それが良かったのか、例えば和差算の知識を利用して「ほとんど初めて見る」方陣算の問題が自力で解けたりする、ということもかなり増えてきましたが、そういう部分も楽しいようです。

平たく言えば「難しいことが理解出来る」楽しさを知ったということなのだろうと思っています。

※ ※ ※ ※ ※

今回の算数検定6級の合格が分かった後に、息子に以下のように話しました。

「合格してご褒美と言うのは今回で終わり。大人になっても「ご褒美」なんて言ってられないし。
次の5級からは算数ではなく「数学」になるし、小学四年生や五年生の間から無理して受ける必要は無いとお父さんは思っている。
ただ、自分自身で「チャレンジして合格してみたい」と思うのなら、それは止めないしお父さんは応援する。」

以上のように話すと息子は即座に「またチャレンジしたい」と言ってました。たぶんそう言うだろうとは思っていました。

何故なら今回の6級の受験前の残り一週間で自ら奮起し長時間の勉強を「必死」でやっている姿勢は既に「ご褒美のことなど頭に全く無い」という感じだった為です。

※ ※ ※ ※ ※

世の中には「非常にシンプルで分かりやすい」タイプの言説があります。

「ご褒美で釣って勉強させたところで、身に付かないし、また「何かご褒美が無いと頑張れない人間」になってしまう」というのもその一つのように思います。

しかしながら、よくよく考えれば当たり前の話なのですが、子供自身の性格や、頑張るその内容に対する向き不向きとか、また親の態度(ご褒美を与える以外にも、本人が頑張っている最中にいかに知見を与え、また真剣に話したり教えたりしたかなど)によって結果は「本当に人それぞれ色々」なのだろうと思います。

そんなことを改めて思いました。

※ ※ ※ ※ ※

サブブログ(サイドバーに表示しています)で算数のブログもやっていますので宜しければご覧下さい。

「収入」の大切さ

私は社会人、すなわち「仕事をしながら所得を稼ぐ者」として、「稼ぎなんて必要最低限で良いので、それよりも自分らしさを大切にしよう」的な言説はあまり好きではありません(個人的に)。

すなわち、例えば年齢での「平均収入」に着目して、平均より多く稼げているのか稼げいないのかに注目することは意味のあることだと思っています。

何故なら、仕事の「収入」と言うのは自らの仕事(働き)の社会においての有益性(平たく言えば自分の働きが社会でどの程度役立っているかどうかの度合い)と一定の相関関係があると思っていますし、また収入の大小は直接「納税額」、すなわち国や自治体が社会サービスを維持する原資となる「税金」の負担の度合いと比例しておりますので、間違っても「自分が食ってさえ行けたら、収入の大小なんてどうでも良い」とは思えない訳です。

※ ※ ※ ※ ※

ただ、例えば「稼ぎの最大化」を目指せば「仕事の有益性」(社会おいて役立っているかどうか)が損なわれる可能性がありますし(極端な例で言えば悪徳商法的な仕事や詐欺に近いような仕事)、また頑張りすぎて心身に不調を来たせば十分に働けなくなって結局は「稼げなく」なり本末転倒となります。

そのような「上側の極端な例」が好ましいと思っている訳ではもちろんありませんが、同様に「下側の極端な例」である、ほとんど税金を納税しないような低い収入でも「自分だけ細々とでも食って行けたら文句言われる筋合いは無いだろ」的な考え方も好ましいと思っていない訳です(個人的な考えです)。

どちらの「極論」でもない中間の位置に最適解があるのかな、と思っています。

※ ※ ※ ※ ※

自分の体力や知力、家族の状況などを踏まえながら、それでも時にはプライベートな時間を犠牲にしてでも仕事においての「自分らしさ」(こだわり)を追求するような姿勢は大切であると思っていますし、またその「こだわり」が独りよがりになっていないか、すなわち顧客や社会の役に立っているかどうかの視点も大切だと思っていて、それを判断する為には短期的な「その場での稼ぎ」というよりかは中長期的な「収入」が有力な判断材料になるのだろうと思っています。

以上、私が思う「収入」の大切さについて記しました。

広告を非表示にする

フリーランスと消費税「納付」について

はじめに

フリーランスになって九年目の私(45歳男性)ですが、今回は消費税の「納付」について書いてみます。

以降、消費税の税額は全て8%として記します。

消費税の「納付」とは?

消費税の納付とは、平たく言えば以下の通りです。

・10,000円の商品を売る際に消費税を8%上乗せし10,800円で売り代金を受け取る(800円の消費税を受け取る)。

・しかし10,000円の商品を作る際の原料代等が5,000円掛かっており、その際に消費税8%が上乗せされ自分自身も5,400円支払っている(400円の消費税を支払っている)。

・従って自分自身は800円ー400円=400円を「税として受け取っている」ことになる為、この400円を税務署に納付する。

以上の通りです。以下に国税庁のページ(コチラ)の引用を記しますが、内容は上記と同じです。

消費税の納付税額 = 課税期間中の課税売上に係る消費税額 ー 課税期間中の課税仕入れ等に係る消費税額

フリーランスなどの事業者は皆が納税しているの?

結論から書くと、皆が納税している訳ではありません。

課税売上高が1,000万円以下の事業者は消費税の納税が免除されています。上記の例なら400円を「税」として受け取っていますが、それを国に納税することなく「自分のもの」にすることが認められている訳です。

以下に国税庁のページ(コチラ)の引用を記します。

基準期間の課税売上高及び特定期間の課税売上高等が1,000万円以下の事業者(免税事業者)は、その年(又は事業年度)は納税義務が免除されます。

なお、「基準期間」はいつであるのか、また特例的に免税事業者とならない場合、「1,000万円」は税込みなのか税抜きなのか等の細かい部分に関しては今回は省略させて頂きます。

フリーランスなどの事業者は皆が消費税の細かい計算をしているの?

売上高の中の消費税(自分が受け取った分)の把握は比較的容易と思いますが、原料代等で支払った分の消費税の把握は支払い先が多岐にわたると非常に困難になりますが、そんな細かい計算を皆がやっているのでしょうか?

と言う訳で皆が細かい計算をやっている訳ではなく、計算を省略する為の「簡易課税制度」というものがあります。

この制度を平たく書くと、上記の例で言えば受け取っている800円の税金の内、そこから差し引くべき、原料代等で支払った分の税額(上記例なら400円)を一々把握しなくても、受け取っている800円の「50%」の400円が差し引くべき税額(仕入れ等で支払ったと見なす税額)とする、というものです。この例では「50%」としましたがこの比率は業種により40%~90%の間で設定されます。そしてその比率により納税額は変わります。例えば「60%」の場合なら800円ー800円×60%=320円が納税額となります。

この例えでは「10,000円という商品一個」で例示していますが、実際の計算では一年間の売上総額何百万円、何千万円を「一括」で計算出来ますので、原料代等を全て一つ一つ把握することを比べたらもの凄く手間が省略される訳です。

詳しくは国税庁コチラのページをご覧下さい。

消費税の「中間」納付とは?

消費税の年額が48万円を超える者が次の年に中間納付を行うことになる訳ですが、注意が必要なのは、この「48万円」には「地方消費税を含まない」という点です。

例えば売上高(税込み)が1,350万円、簡易課税制度「50%」の場合、消費税額は、

・税抜き売上:1,350 ÷ 1.08=1,250万円
・受け取っている消費税:1,350-1,250=100万円
・差し引くべき消費税:100万円×50%=50万円
・納税額:100万円ー50万円=50万円

となり「支払うべき消費税額(納税額)」は50万円となり「48万円」を超える訳ですが、これでも中間納付が必要とならないのは、この50万円には「地方消費税」が含まれている為です。

消費税を8%として受け取りますが、厳密には6.3%が消費税であり、残りの1.7%は「地方消費税」です。

従って上記の「50万円」の内訳は、細かい計算は省略しますが、

・消費税:約39万円
地方消費税:約11万円

となり、この「消費税:約39万円」が48万円を超えるか超えないかで判定される為、このケースでは翌年の中間納付は「不要」となります。

そしてこの部分が48万円を超えた場合、翌年の中間納付が「必要」となります。

以下に国税庁のページ(コチラ)の引用を記します。

中間申告書の提出が必要な事業者は、個人の場合は前年、法人の場合は前事業年度(以下「前課税期間」といいます。)の消費税の年税額(注1)が48万円を超える者です。

(中略)

(注1) 地方消費税額は含みません。

おわりに

以上、消費税の「納付」に関して私が知っていることを記しました。

真珠腫性中耳炎 手術入院期間など 14年前と今年の違い

はじめに

私(45歳男性)は14年前に左耳の真珠腫性中耳炎の手術を受けました。そして今年の年初に再発が分かり、四月の初旬に手術を受けました。

たぶん医療の進歩のお陰なのだと思いますが、14年前よりも今回(今年に)受けた再発の手術のほうが内容的には大掛かりだったように思うのですが、それでも入院期間はぐっと短くて非常に有り難かったので、そのことや関連することに関して14年前と今回を比較する形で記します。

14年前と今年の入院期間の違い

・14年前:約1ヶ月間(ほぼ30日間だったと記憶しています)
・今回:13日間(12泊して13日目に退院)

以上の通り今回は14年前の半分以下となっています。更に言えば、13日間と言っても曜日の関係で「月曜日の手術を行うにはその前の金曜日から入院しなければならない(土日は入院手続きが出来ない)」みたいな事情がありまして(この記述は少し不正確かも知れません)、どちらにしても事前の金曜日から入院して金、土、日の三日間は点滴などしかしていなかったので、翌月曜日に手術を受けてからは10日間(9泊して10日目に退院)しか入院していないことになります。

次に「洗髪」に関して記します。

洗髪出来ない期間の違い

・14年前は約1ヶ月間の入院期間及び、退院後も半月ほど(合計で一ヵ月半ほど)だと記憶しているのですが、(普通にお湯を使っては)頭を洗うことが出来ず、一応ドライシャンプーで洗うのですが、自分でもはっきり臭うほどの臭いがして難儀したことを覚えています。

・今回は退院の数日前から「耳の穴を綿球で塞ぎ、更に上からイヤーキャップを被せた状態」なら頭が洗えるとのことで、入院中は風呂に入るのが面倒だったので洗わなかったのですが、退院後すぐから洗えましたので非常に楽でした。イヤーキャップも別に特別なものではなく百均で売っているような普通のものです。なお、14年前に苦労した経験より今回は頭を五分刈り程度に丸めていたので、より楽だったのだと思います。

関連情報

14年前と今回の主な相違点を記しておきます。

●手術、入院した病院

・14年前:大きな総合病院(誰でも知っているような病院です)

・今回:某大学病院(こちらもかなり有名な病院です)

●手術の主な内容

・14年前:耳の後ろ側のみ切開して行う手術。見える範囲で残った傷は耳の後ろ側のみ。

・今回:耳の後ろ側も切開するが、前側(耳の穴)も切開して行う手術。見える範囲で残るものは耳の後ろ側の傷の他、耳の穴も大きくなっている。

※患者とは言え医療に関しては素人ですので表現等が不正確かも知れませんのでご了承下さい。

●術後の主な処置

・14年前:鼓膜を張り替えており(たぶん)、耳の穴から奥のほうの(たぶん鼓膜の部分の)細かいガーゼのようなものを毎日毎日取り替えていた。その他はあまり覚えていない。

・今回:上述したように耳の穴も切開しているからか、入口付近より奥は耳の穴を全て塞ぐ形でスポンジが詰められていた(その上から入口付近を綿球で塞ぎ更に上からガーゼを張った状態)。確か退院後二週間から一ヶ月ほど(期間は記憶が曖昧)した後にスポンジを除去された。スポンジを除去する方法は通常の処置(耳だれの掃除など)と大差ないという印象であった。スポンジが入っている間はスポンジの上から点耳薬を落とし(染み込ませ)、また飲み薬を飲んでいた。スポンジを除去してからは診察時に耳の奥を掃除するようになり、また自宅での点耳薬と飲み薬は続けていたが徐々に減っていった。

※上記と同様、表現等が不正確かも知れませんのでご了承下さい。

●「めまい」など

・14年前:手術前においても「めまい」はしておらず、症状としては耳の聞こえが悪くなり同時に耳鳴りがするという点のみ(難聴というほどでは無いが電話ははっきり聞き取れない程度)。手術後、数日間は「めまい」があったように記憶しているが、その後は完全に消え、術後の後遺症は特になく、聞こえの悪さと耳鳴りは残ったが手術前からは悪化せず同程度のみが残った。

・今回:手術前に「めまい」が発症していた(これで再発に気づいた)。手術前の説明で真珠腫に三半規管が侵されている為に「めまい」がしていること、及び侵されている三半規管の周囲の真珠腫を手術で除去することにより「めまい」は手術前より悪化する可能性が低くないことの説明を受け、実際にその通りとなった。現在、手術から約四ヶ月だが、日常生活に支障が無い程度とは言えはっきりと「めまい」は残っている。手術直後の相当酷い「めまい」からの回復に関しては下記の過去記事に記している。聞こえの悪さと耳鳴りは上記から悪化していない。

t-kazu-t.hatenablog.com

●その他

顔面神経麻痺などの後遺症は14年前も今回も発症していない。

おわりに

以上、真珠腫性中耳炎の手術に関して14年前と今回の経験を比較する形で記しました。

今回は「耳の穴が大きくなった」と記しましたが「よく見たら分かる」という程度で外見的に特に気にならないと思っています。

先述したように現在は手術から約四ヶ月で「めまい」がはっきりと残っていますが、日常生活に支障が無い程度であり、仕事やその他も完全に復帰しています。