kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

夫の「スマホ」のやり過ぎに「イラッ」とするという記事を読んだが、「スマホ」は関係ないのではないかと思った件

以下の記事を読みました。

news.infoseek.co.jp

スマホ」なのか別のモノなのかは無関係と思った

上記記事中でランキング形式で記されている部分を以下の囲みに引用します。

1位 特にない 29.9%(66人)
2位 夜、寝ながらいつまでもスマートフォンを使う 23.1%(51人)
2位 妻が家事をしているときにスマートフォンで遊んでいる 23.1%(51人)
4位 スマートフォンに夢中で妻の話を聞かない 22.2%(49人)
5位 トイレにスマートフォンを持ち込んで使う 17.2%(38人)
5位 家族や夫婦で出かけたときも、いつもスマートフォンをいじっている 17.2%(38人)
7位 テレビを見ながらスマートフォンも使っている 14.0%(31人)
8位 食事時にスマートフォンを手から離さない 13.6%(30名)
9位 朝起きていつまでも寝室でスマートフォンを見る 12.2%(27人)
10位 子どもと一緒に長時間スマートフォンで遊んでいる 10.9%(24人)

と言う訳で、上記の文中の「スマートフォン」を、例えば「携帯ゲーム機」とか、他にも色々あるのかも知れませんが、そのようなものに代替しても文の真意は変わらないような気がします。すなわち、「スマートフォン」なのか否かはあまり関係が無いように思いました。

具体的なエピソードでは、その傾向がより顕著に

上記記事中で具体的なエピソードとして記されている部分を以下の囲みに引用します。

「夜、子どもが夜泣していても自分は関係ないとばかりに携帯ゲームをしていたこと」(40歳・女性)

「子どもを寝かせなければいけないのに、いつまでもスマホを使っていて子どもが寝不足になった」(49歳・女性)

「子どもが遊んでと言っているのにスマホから手を離さないとき」(28歳・女性)

「子供が勉強している横で、スマートフォンでゲームをやっている」(42歳・女性)

と言う訳で、この具体的なエピソードになると、より「スマホ」なのかその他のものなのかは無関係であるように感じました。

私の思いのまとめ

今回は夫婦間の話題でしたが、例えば夫婦の関係なり「家庭内のコミュニケーション」の問題として、例えば家族と話している際に他のモノに夢中になって上の空であるとか、相手に子供の面倒とか家事の手伝いなどをして欲しいような状況なのにそれには全く無関心に他のモノに夢中になっているとか、そういう部分に問題を感じるのだとすれば、それは夢中になる対象が「スマホ」なのか、それとも別のモノ、例えば「テレビ」でも、もっと言えば「読書」であっても、問題の本質は同じなのだろうと思います。

すなわち、例えばスマホやテレビ等よりも例えば「読書」というものは一般的には高尚なモノに見られているのかも知れませんが、そのことと、「関係性を築くべき相手が傍に居る状況にも関わらず他の何かのモノに夢中になり上手く関係を築けていなかったり相手に不快な思いをさせたりしている」という問題は本質的に別物であるように思いました。

「確定申告」についての私の思い

私の仕事はフリーランスなので、先日、平成28年分の確定申告を済ませてきました。確定申告の期間は2月16日~3月15日までですが、毎年、大体は前半には済ませます。なお、ご存知の方がほとんどと思いますが、これは「所得税」に関する確定申告の話です。

設計のような仕事なので、例えば「何かを仕入れて売る」みたいな商売と比べると、申告の為にやらなければいけない事柄は凄く少なくてシンプルなので、税理士さん等にはお願いせず、ずっと自分で処理しています。今年で八回目ですが、過去七年分で今まで税務署からの指摘等は一切ありません。

日ごろの帳簿類の整理など(売掛帳などの集計や契約書類の整理など、また経費の集計や領収書の整理など)を放置せずに定期的にやっていますので、確定申告の申告書自体の作成は、チェックも含めて今年は半日ほどで終わりました。作成を始めてから何か問題等が発覚したような年を除き、今では慣れていることもありその程度で終わります(作成するものは確定申告書Bと青色申告決算書)。ちなみに作成は国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を利用しています。

なお、日ごろの帳簿等の作成に割かれる時間を短縮する為、青色申告に関しては65万円の控除は諦めて、10万円の控除を選択しています。

※ ※ ※ ※ ※

前述の通り申告書の作成それ自体は今では慣れてきましたし半日程度で終わるのですが、日々の帳簿類の整理などに要する時間も含めれば、年間トータルで言えばそこそこの時間を要していると思います(と言ってもこれも繰り返しになりますが「何かを仕入れて売る」みたいな商売と比べるとかなりシンプルだと思います)。

それが全く面倒に感じないと言えば嘘になりますが、「なんでこんな面倒なことをやらなアカンねん!ウザい!」みたいな風には全く思いません。

と言うのも、普通にサラリーマンをしていれば、そのような事務処理の大半は「それらを行う部署」の人たちがやってくれる訳ですが、その「普通のサラリーマン」を辞めてフリーランスという形態を、自らが積極的に選択している訳で、すなわち「何か仕方ない事情があって止むを得ずフリーランスをやっている(=機会があればいつでもサラリーマンに戻りたい)」訳では決してなくて、自ら積極的にフリーランスという形態を選択し、またそれに伴う自由(通勤が不要である点や自分が無駄に感じる会議等が無いなど)も享受していますので、それに伴う「責任」である部分の一つである、確定申告など「税務処理」に関しても、そこまで嫌には感じないのだろうと思います。

※ ※ ※ ※ ※

今年も確定申告の時期を迎え、そのようなことを改めて思いました。

結局、本日は「久しぶりの休日」となりまして、また「良い休日」となりました。

本日は久しぶりの休みだった

少し前に、二ヶ月近く休み(仕事を完全に休んだ日)がなくて(自宅でのフリーランスの仕事)、今週も休みが無さそうだ、というようなことを書きましたが、色々あって、本日の日曜日は一日休めました。

息子が部活の試合で活躍した

と言う訳で、土日に息子の部活(とある球技)の試合がある時は、息子が出場するしないに関わらず出来るだけ見に行くのですが(小学三年生から始まる部活で息子は現在三年生で一番下なので試合に出る機会は滅多にありません)、仕事がある時は途中で帰ったり、自宅と会場を行ったり来たりとバタバタしながら過ごすのですが、本日は仕事を一日休んでいたお陰で落ち着いて過ごせました。

しかも、本日は息子の出場機会がいつもより多く(今までで一番多かった)、また私の想定外の「活躍」もしてくれまして、私の久々の休日を息子が「より良い休日」としてくれたような気がして、嬉しい気持ちになりました。

父親の誕生日も祝うことが出来た

つい先日、75歳の誕生日を迎えた父親ですが、有り難いことに(持病などはありますが)元気で過ごしています。

そんな訳で、本日の夜に両親の住むマンションに行った際に(基本的に毎週行っています)、父親の大好物の「『餃子の王将』の酢豚」を持参して、酢豚以外にもいくつか買って持参して、ささやかながら祝いの場を設けることが出来ました。

で、父親は酢豚一人前に加えて餃子や鶏の唐揚げも少し食べてまして、ビールも飲んでましたので、まだまだ元気に食べられる姿を見ることが出来るのは子供として有り難いことだと改めて思いました。

そんな訳で、こちらも「良い休日」となりました。

クルマの運転 「ほんのちょっとだけ」の労力で安全面に大きな効果が出ることは山ほどあると思う

先ほどインターネットでニュース記事を見ていて、いくつか交通事故の記事も目にしました。

今回は個別の事故形態について何かを言いたい訳ではありませんので、記事の引用はしないのですが、改めて思ったのは、「ほんのちょっとだけ」の労力と言うか、気を付けると言うか、そういう「ほんのちょっと」で安全面に大きな効果が出ることって山ほどあるのではないか?と思いました。

例えば「シートベルト」なんて装着する為の労力は本当に「ほんのちょっと」だと思うのですが、その「ほんのちょっと」の労力により得られる効果は本当に大きいように思いますし、それは自分がドライバーなのか同乗者なのか、また前席なのか後席なのかも問わないように思います。

他にも、例えば運転中にケータイに電話やメールを受信したような時でも、「ほんのちょっと」くらいは後回しにしたって大して困らないような用事が大半のようにも思いますので(仮にもの凄く大事な用事であったとしても後から掛け直すまでの時間が「ほんのちょっと」なのであれば問題にならないケースがほとんどだろう、というような意味です)、自らの命の危険の他に、他者(特に歩行者や自転車など)の命を危険に晒してまで「ケータイしながら運転」をすべき事情というのは、個人的には思い当たりません。

挙げればキリが無いのでこの辺でやめておきますが、もちろん特に自分がドライバーの場合は他者への安全もありますので労力の大小に関わらず安全運転の「義務」があることは大原則ですが、そのような大前提の意識とは別に、「ほんのちょっと」のことは「念のため気を付けておこう」と意識することもまた大切なことなのかも知れないと改めて思いました。

「婚活」で「本気で結婚する気があるのか」と思わせられた記事

以下の記事を読みました。

news.infoseek.co.jp

女性向けの記事だと思いますが、男女を問わないと思う部分で思ったことを以下に記します。

はじめに

私(45歳男性)は結婚して十年以上経ちますが、十年以上前の独身時代に、自然な出会いを経て結婚に至るなど私には有り得ないだろうと自ら思いまして、いわゆる(真面目な)「出会い系」で結婚相手を探し、妻と出会って結婚しました。

当時は「婚活」というような言葉は無かった(と思います)が、まさに今で言うところの「婚活」だと思います。

そんな私が上記の記事を読み思ったことを記します。

冒頭から「?」と思った文言

上記記事の冒頭の文言を以下の囲みに引用します。

春は恋の季節。長い冬が終わりに近づいてウキウキするこの時期は、恋活や婚活にも力が入りますよね。

いやいや、若い時分などいわゆる「恋」に関してなら春になってウキウキ気分だとか、そういう話なのかも知れませんが、「結婚相手を真剣に探そう」と思う人なら春とかウキウキ気分とか全く無関係ではないか?季節に関わらず年中「真剣勝負」でしょうに、なんて思ってしまいました。

記事で挙げられている「タブーな話題4つ」について

記事で上げられている「タブーな話題4つ」の項目のみを以下の囲みに引用致します。

(1)自分や相手の経済的な状況

(2)過去の恋愛・元カレについて

(3)家族や自分の秘密

(4)結婚や子どもについての希望

上記(1)に関して記事中で述べられているように、確かに「いきなり相手の年収を聞く」なんてことは、その振舞い方(言葉の遣い方など)によっては相手に対して失礼があるのかも知れません。

しかしながら、上記の(1)~(4)など「重い話題」というのは「結婚」というものを見据えると避けては通れない話であるように思います。

私自身に関して言えば、妻と知り合う前も「(事前のメールのやり取りの後に)一度会って食事などをしてそれっきり終わり」という女性が複数居ましてその際にどんな話までしたかは記憶にありませんが、妻に限って言えば、以前にも書いたことがありますが(事前のメールのやり取りの後に)初めて会って十日ほど後には同棲しましたので、事前のメールも含めてその時までには上記(1)~(4)のような「重い話題」に関しても自分自身で(と言うかお互いに)洗いざらい話しましたし、それも踏まえて他にもお互いに惹かれる部分があり同棲に至り結婚にも至ったのだろうと今更ながら思いました。

おわりに

今回の記事を読み改めて思いましたが、「婚活」と言ってもその真剣度とかスピード感などに関しては個人差が大きいのかも知れないな、と思いました。

すなわち、別に差し迫っているというような意識ではなく「友人からの紹介」とか「合コン」など他の「出会いの場」と大して変わらない意識で「婚活」を行っている人も少なくないのかも知れないな、と思った訳です。

私の場合、私自身も妻のほうも、年齢的にめちゃくちゃ焦っているという訳ではありませんでしたが、お互いにかなり強い意識で「結婚したい」と思っていたことは事実だと思います。言い換えれば、お互いに強く「結婚」を意識していたからこそ、そこに至るのも早かったのかも知れないと改めて思いました。

そして、現在「婚活」をしている人に関して言えば、相手の性格や風貌その他色んなポイントがあるのでしょうが、まずは「相手が『真剣』に結婚を考え、またそれに向けた『覚悟』をしているか」という点も重要なのかも知れないと個人的には思いました。