読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

【私の禁煙の記録】 初日~十日目で感じたこと

禁煙の記録

はじめに

ブログの更新休止が伴いますのでまた後日に改めてきちんと報告するのですが、今は三月の上旬ですが、約一ヵ月後の四月の上旬に、全身麻酔を伴う手術(と入院)を行う予定となっていまして、その関係で「禁煙」する必要が生じました。

と言う訳で、三月に入ってすぐに禁煙を始めまして、本日で十日目です。そのままずっとやめるのか、退院後にまた喫煙を再開するのかはまだ決めてませんが、とりあえず手術と入院・退院までは(当たり前ですが)やめる予定です。

せっかくの機会ですので、気付いたことなどを(予定ですが)何回かに分けて記します。

今までの喫煙歴(依存度)

下で記す内容を読まれた方の中には「それほどニコチンの依存が強く無かった事例なのでは」と思われるかも知れないので、とりあえず依存度が分かるような感じの内容を最初に記しておきます。

二十歳から吸い始めまして現在45歳ですので、喫煙歴は25年です。その間の禁煙歴は、30歳の頃に何度か入院などした時期のみで、禁煙期間は延べ期間で三ヶ月も無いと思います。

最も多く吸っていた時は、二十代の時に一日3~4箱(60~80本)吸っていた時期があります。それだけ多く吸っていたのは、記憶は曖昧ですが一年間程度だと思います。

二十代の間は、それだけ吸っていない時期でも、一日2箱(40本)程度は吸っていた時期が大半だと記憶しています。

30歳を過ぎた頃に結婚しまして、それからは本数が減りましたが、それでも一日一箱で収まる時はほとんどなく、30本前後は吸っている日がほとんど、という感じで現在まで過ごしてきました。

以下、今回の禁煙に際することを記します。

もの凄い効果のニコチンパッチ

今回の禁煙では、いわゆる「ニコチンパッチ」の力を借りたのですが、これの威力は絶大だと感じました。

と言うのも、今から十五年ほど前にも、手術と入院を控えて禁煙をしたことがあるのですが、その時はパッチなどの補助剤は全く使用せず禁煙したのですが、最初の何日間かは、いわゆる離脱症状でかなり辛いものがありました。

しかし今回は、もちろん心理的な「タバコを吸いたい」というような気持ちを消すことは出来ないのですが、いわゆる「ニコチンパッチ」のお陰で生理的な離脱症状はほとんど感じずに済むことが出来ました。十五年ほど前の「何も補助剤を使わない禁煙」と比べると、本当に「もの凄い差」だと思いました。

なお、本来の使い方であれば私の使用しているパッチは二ヶ月ほどにわたって使用する前提なのですが、三日ほど使って初期の辛い離脱症状を抑えながら過ごしながら、以下に記す心理的な「タバコを吸いたい」という気持ち自体は絶対に抑えられないと確信したこと、及びパッチをやめたからと言って今更強い離脱症状が起きるとも思えなかったことから、三日ほどでパッチの使用は辞めました。

それで特に問題は起きずに、下のほうで述べる「ブレークスルー」に至ります。

心理的な「タバコを吸いたい」という気持ちは抑えられない

上で述べたように補助剤で離脱症状の度合いは大きく抑えられていると思う反面、例えば朝起きた時や食事の後や、コーヒーやお酒を飲んだ時や、一仕事終わった時、その他にも本当に様々な場面で「仕切り」を入れる(気持ちをリセットする)為にタバコを吸っていたという事実を改めて実感しますし、また禁煙後においてそういうタイミングで心理的に「タバコを吸いたい」と思う気持ちは、補助剤があろうと何だろうと全く抑えることは出来ない、ということを実感した次第です。

甘いものを食べまくって感じた「気持ち悪さ」と「ブレークスルー」

禁煙して一週間ほどは、飴やチョコレートなど甘いものを食べる頻度が極端に上がりました(もともとは滅多に食べない人間でした)。

一週間ほど経った際に、もの凄く気持ち悪くなって、その時に「甘いものの食べすぎ」に気付きました、口の中が常に甘い感じになっていること、及びそれが原因で基本的に食事が(普段より)美味しくないことに「明確に気付く」という瞬間がありました。

すると不思議なことに、その時に「タバコの『代わり』として甘いものを摂っている」ということの異常性というか、「あれ、やっぱりオレ、なんかおかしいわ」という気持ちを同時に抱きまして、その後には飴やチョコレートも一切欲しく無くなりました。

そして、それが欲しく無くなったからと言って「タバコが吸いたい」と今までより強く思う訳でもなく、むしろそのように感じることが少なくなっている(平たく言えば「タバコのことを思い出す」ことが減っている)ことにも気付きました。

現在禁煙して十日目ですが、現在の状況は大体上記のような感じです。

おわりに

やはり、手術や入院など「禁煙すべき強制的な理由」があるほうが、禁煙というのは楽なものかも知れないと、今回改めて思いました。

あと、心理的な部分は自分で解決するしかありませんが、生理的というか身体的というか、そのような部分での離脱症状を抑えるのに、いわゆるニコチンパッチなどの補助剤の効果と言うのはかなり大きいのだろうと思いました。

また、今ではタバコのことを思い出す(考えてしまう)機会はかなり減りましたが、それでもまだまだ「タバコを吸いたい」という気持ちは残っているように思いますし、退院後にはタバコを復活したいという気持ちも少なからず残っているというのが、現時点での偽らざる心情となります。

「食べ残し」を「客の勝手」と言い放つ浅はかさ

私の考え

以下の記事を読みました。

news.livedoor.com

「賛否」のポイント

この話題、少し前からインターネット上で見かけていましたが、タイトルなどに「賛否」と書かれていることがありますが、その「賛否」(議論の余地がある)のポイントは、お店側がお客に対して「クソ野郎」だとか「二度と来るな」的なことを記した内容をわざわざインターネット上にアップロードするという行為が「賛否」の対象なのであって、その前の段階の「お店の忠告にも従わず大盛りを注文した上で、『食えるワケねーよ』と言い放ちながら半分以上残す」客の行為は絶対にダメな行為で確定事項なのだとてっきり思い込んでいました。

なので、上記記事で著名人がこの部分を「客の勝手」などと擁護する姿勢を示したという部分に非常に驚いた次第です。

その意見が「浅はか」だと思ったポイント

その意見(上記記事内での食べ残しの客を擁護する意見)で特に「浅はか」だと思った点を二点記します。

まずは一点目を以下の囲みに引用します。

どこにも『残す人は入るな』って書いてない

この論理が通用すると考えると、例えば電車内で床に寝そべっている人が居たとして、「どこにも『床に寝そべってはダメ』とは書いてないから、客の自由」というものが通用するという話になると思います。

と言う訳で、「電車内で床に寝そべっている人」の存在を認められるという人ならこのような言説を主張しても良いのだと思いますが、「それは常識的に有り得ないだろう」と考えてしまう人なら、「お店の忠告にも従わず大盛りを注文した上で、『食えるワケねーよ』と言い放ちながら半分以上残す」部分にだけ「どこにも『残す人は入るな』って書いてない」と主張するのは、かなり無理があるように思いました。

次にもう一点、以下の囲みに引用します。

オレは大抵残すから

先に感情論的な部分を書いておくと、よい大人が自ら「オレは大抵残すから」などと常日頃から外食店で人様が作ってくれた食べ物を残していると堂々と宣言するという部分に「恥ずかしさ」を感じないのだろうかと率直に思いました。

もちろん、体のコンディションとか、どうしても味が口に合わないなどの理由で「残してしまう」ということは誰にでも有り得ることですが、それを「申し訳ないと思いながら、こっそり」という意識で行うのか、「オレは大抵残すから」と公の場で言い放つような精神性の下に行うのかでは、全く同じ行為でもその意味合いには天と地ほどの差があるように思いました。

以上は私が感情的に思った部分ですが、今回の騒動という枠組みの中で論理的に感じる違和感としては、今回お店から批判されている「お店の忠告にも従わず大盛りを注文した上で、『食えるワケねーよ』と言い放ちながら半分以上残す」という行為の是非と、自分自身が日常的に「オレは大抵残す」こととは根本的に無関係ではないか、と率直に思いました。

おわりに

私の勝手な想像ですが、上で取り上げたような内容を本心で言っているというよりかは、「批判する意見が多い中で、敢えて擁護する立場に立ってみた言説」ということなのかな、と勝手に思った次第です。

ゲームなどに関する「大人向け」と「子供向け」の線引きに関して思ったこと

私の考え

以下の記事を読みました。

news.infoseek.co.jp

通勤電車内で見かけられた「ギョッとする他人のスマホ」が挙げられているのですが、その項目のみを以下の囲みに引用します。

■ワースト3位:イヤホンもつけずに「音量アリ」で動画鑑賞

■ワースト2位:公共の場なのに!? 「アダルトサイト」の閲覧

■ワースト1位:大人が「子ども向け」のゲームをしている

ゲームの「子供向け」の線引きって

上記のワースト3位は普通に「迷惑な行為」だと思いますし、ワースト2位は程度問題もあるような気もするのですが(例えば18禁のようなアダルトサイトはダメだとして、そうではないが例えば際どい感じの水着の女性が出てくるようなサイトはどうなのか、というような程度問題)、基本的には意味は分かります。

が、ワースト1位の『大人が「子ども向け」のゲームをしている』というのは、それほど周囲を不快にさせるような、他の二つと同列に並べられて語られるような事柄なのか、と率直に思いました。

敢えて私の「偏見」を書く

普段は以下のようなことはあまり書かないようにしているのですが、文脈上、今回は敢えて書きます。

私はそもそも大人が「ゲーム」自体をやっていることが好ましいとは思わないというか、もちろんゲームの内容にもよるのですが、具体名は書きませんが巷を席巻し大人も子供も熱中しているゲームなど見ていても「子供ならともかく、大人が熱中するようなモノか」などと冷めた目で見ています。最低でも大人に限って言えば「公衆の面前でやるようなことか」なんて思います。

通勤電車内の行動という点で言えば、ゲームに限らず、例えばサラリーマンの人が通勤電車内でマンガ雑誌を読んでいるという光景がありますが、私の美意識では「大人がマンガ雑誌」という時点でアウトです。絶対に読むべきでないという意味ではなく、読むなら自宅などで見れば良い話であって、いわゆる「公衆の面前」でやるような行動では無いだろう、というような意味です。

その他、例えば「ゆるキャラ」ってありますけど、あれも大人も子供も熱狂している姿を見ていると「子供ならともかく、大人が熱中するようなモノか」なんて率直に感じてしまいます。

しかしそれは私の「偏った考え」に過ぎない

しかしながら、上記は私の「偏った考え」に過ぎない訳で、大人でゲームやマンガやゆるキャラが好きで熱中している人が居たって誰も困りませんし誰の迷惑にもなりませんし公序良俗に反している訳でもありません。

そのような性質のものを、何の大義や目的もなく、「何となく自分は好ましいと思っていないから」という理由だけで、他人の趣味の領域のことを必要以上に論い否定的に言い募るは、少し違うのではないか、という風に私は考えています。

おわりに

何故に敢えて「ゲーム」「マンガ」「ゆるキャラ」を取り上げたのかと言えば、同じものを見ても人により「これは大人向けでも楽しめるだろう」とか「こんな子供っぽいものに熱中する大人は幼稚だ」など判断が大きく分かれることが無数にあるようなジャンルだと思った為です。すなわち例えばゲームなら、同じゲームを見ても人により判断が分かれることは往々にしてあると思われる訳です。

そのような視点から冒頭で引用した『大人が「子ども向け」のゲームをしている』というものを見てみると、どこまでが「子ども向け」でどこからが「大人向け」なのか非常に恣意的(人によって判断が様々という意味)であり、同じものを見ても「大人がそんなものに熱中するのか?」と思う人も居れば「大人でも普通に面白いだろ」と思う人も居て判断が大きく分かれるようなモノは無数にあるように思われるので、それを『イヤホンもつけずに「音量アリ」で動画鑑賞』とか『公共の場なのに!? 「アダルトサイト」の閲覧』と並べて挙げられていることに、小さくない違和感を感じたのだろうと思いました。

「一人の時間」が丸一日あるような日が楽しいとは思えない私にとっての「結婚」「子供」「仕事」「ブログ」

私の考え 結婚や家族のこと このブログについて

以下の記事を読みました。今回のブログを記すのに中身の引用などはしないのですが、書く「きっかけ」であることは間違いないので、まずはタイトル(URL)のみ引用致します。

news.infoseek.co.jp

はじめに

上の記事は「アラサー」「女性」が取り上げられた記事ですが、本質的には「休日一日を一人でダラダラと過ごしてしまう」部分の考察であり、そこに年齢や性別は関係無いように思いました。

あと、記事では「休日一日を一人でダラダラと過ごしてしまう」ことを基本的にネガティブなものとして取り上げられていますが、それがネガティブなことであるのか否かは個人の性格と言うか価値観により変わってくるのだろうとも思いました。

すなわち、(自分はそうではないが)「休みの日ぐらい、一日ダラダラ過ごしたい」と考える人も少なくないように思いますし、またそれが悪い考えだとも思わない、というような意味です。

独身時代の私

以下、私(現在45歳の男性)に限った話を書きますと、確かに20代の独身時代(≒サラリーマン時代)は、めちゃくちゃ仕事が忙しい部類の人間でしたが、よほどの繁忙期でも無い限り、最低でも月に二~三日は休日がある訳ですが(当然ながら繁忙期でない時期はもっとあります)、記事に書かれているような、「休日一日を一人でダラダラと過ごしてしまう」ようなことが多かったと記憶しています。昼過ぎまで寝て、特にやりたいことも無くダラダラとテレビを見たりゲームをしたりしていると夜になっていた、というようなパターンです。

私自身、友人(交友関係)がめちゃくちゃ少ないし、外に出かけて何かをするような趣味も(時期にもよりますが基本的にはほぼ)ありませんので、休みの日にはそのような過ごし方になることが多かったのは必然的なことだったのだろうと思います。休日にたまに会っていた旧友が一人だけ居ましたが、彼が結婚してからはより顕著になったようにも思いますが、基本的にはそれ以前から似たようなものでした。

自分自身、それで良いと思っていたかと言えば、決してそんなことはなく、「無為に一日を過ごしてしまった」という虚無感のようなものは必ずあったと記憶しています。

かと言って仕事以外に何か手を広げるような器用さも無い私なので、(サービス残業による)休日出勤も自らすすんでやっていましたし、盆も大晦日も正月三が日も全く休んでいないという年のほうが多かったくらいなのですが、それは根本的には「仕事が好きだから」でしょうが、上で述べたような心情が背景にあったからかも知れないと、今回改めて思いました。

そんな私にとっての結婚

以前にも何度も書いたことがありますが、私は若い時から「モテたい」とか「チヤホヤされたい」などの感情は全く無かったのですが、誰か一人の相手(女性)と結婚してずっと一緒に人生を送りたい、というような願望はありました(当時は子供は別に要らないと思っていました)。

しかしながら非社交的な非モテ男でしたので、結婚出来なくても不思議でも何でもない男だったと今でもそのように思う訳ですが、それでも30歳の頃に一念発起して何とか相手を見つけ結婚までたどり着いたのは、やはり上で述べたような「一人でずっと居ても有意義な時間の使い方が出来ない男」であったが故に、それが「ずっと一人の人生は絶対に嫌だ」という強い思いに結びつき、結果的に結婚までたどり着けたのかも知れないな、と今回改めて思いました。

更に子供が出来ると

結婚してからも仕事は同じペースで忙しくやっておりましたが(サラリーマンは辞めていたが個人事務所に勤務する勤め人でした)、休日は妻と二人で有意義に過ごすようになりましたし、夏休みを取ったり、大晦日や正月三が日も休むようになりました。

そして子供が出来ると、もう独身時代とは正反対に、「日々の時間が全く足りない」という感じになってきました。今まで通りのペースの仕事量をこなしながら、それでも「イクメン」までは無理でも普通に子供と一緒に過ごす時間を設けたり日々の成長を見届けたりするには「日々の時間が全く足りない」という感じであった訳です。

もちろん他にも大きな要因はありましたが、「仕事量は大きく減らさないまま、子供との時間も確保する」という点も大きな理由となり、独立して「フリーランスとして自宅で仕事をする」という現在に至ったのだろうと今回改めて思いました。

子供が一歳になったばかりの頃に独立しまして、現在既に九年目ですが、独立して以降は、毎日忙しく過ごしていますが「時間が全く足りない」という感じは全くありません。

やっぱり「一人の時間」も少しは必要で、それが「ブログ」

そんな感じの私ですが、それでも一人の時間が「全くゼロ」で良いということは無いのだろうと思います。

新聞や本を読んでいる時は隣に妻や子供が居ても「一人の時間」なのかも知れませんが、「完全に一人きり」となって長年やっていることで、仕事以外に何があるのかと改めて思い返すと、それは「ブログ」なのだと今回改めて思いました。

場所は転々としていますし過去のものは残っていませんが、ブログ(ホームページだった時代を含む)を日常的に書き始めたのは結婚して暫くしてからだったと記憶しているので、もう十年以上になります。

上で述べたように、「出来るだけ一人っきりの時間が長いほうが良い」という性分とは正反対の私ですが、それでも仕事以外にも「完全に一人きり」でやっている「ブログ」もあるからこそ、色んな意味でのバランスが良くなり安定的な気持ちで日々を過ごせているのかも知れないと、今回改めて思いました。

おわりに

そんな訳で、このブログをいつもお読み頂いている皆様、本当に有難う御座います。

駐車場での事故 ~小さな子供は先に乗車させてからクルマを発車させるほうが良いと思う~

交通安全など

はじめに

記事だけでは詳細が分からない部分がありますので具体例としての記事の引用はしないのですが、駐車場において自車を発車後すぐに我が子を撥ね死なせてしまったという内容の記事を目にしまして、改めて思ったことを記します。

小さな子供は先に乗車させてからクルマを発車させるほうが良いと思う

子供の年齢(身長)やクルマの形状にもよりますが、まだ背が小さい子供が運転席から全く(もしくはほとんど)見えない「死角」に入ってしまうということは往々にしてあると思っています。

やっぱり子供を先に乗車させてから、発車するということを「原則」とするだけで、この手の事故は防げる訳ですから、そのように実施すべきではないかと強く思っています。

チャイルドシートを装着させ、その装着具合を「確認」する

まだ背が小さい子供は後部座席に乗せることが多いと思いますが(と言うか背が小さい間は後部座席に乗せるべきと思います)、そこで必ずチャイルドシートを装着し、未就学であっても自分で装着出来るようになれば自分で装着させれば良いと思いますが、その後に「しっかり装着出来ているか」の確認を親がすべきと思っています(子供が何歳になるまで親が確認すべきかは議論の対象なのかも知れないが最低でも未就学の間は必ずそのようにすべきと個人的には思っています)。

それを実践していると、はっきり言って子供が乗車する前に発車してしまうと、直後に「子供を乗車させる→自分が一旦運転席から降りて後部座席に行きチャイルドシートの装着の確認を行う→再度運転席に乗り込み再発進する」という流れになり面倒なので、先に(発車前に)子供を後部座席に乗せてチャイルドシートの装着を確認し、完全に安全な状態となってから「発進する」という流れに自然になるのだと思っています。

安全を考える対象は「我が子だけ」では無い

当たり前と言えば当たり前の話ですし、また教習所でも習う内容だと思いますが、「死角に入ってしまった誰か」の安全を確保するのは、その対象が「我が子」に限った話では当然なく、「よその子」も大人も、他人も含めた全ての人であることは言うまでもありません。

と言う訳で、その安全を確保する方法は「発進前にクルマの周囲をグルッと一周して見回す」ことが最も有効だと思っていまして、私はその通り実践しています。

これを実践していると、例えば先に少しだけクルマを動かして、直後に子供を乗せ上で述べた通り運転席を離れ後部座席でチャイルドシートの確認を行ってから、また再発進するとかやっていると、「グルッと一周」の回数が増え手間が増えるだけなので(運転席から離れたりして全く別のところに視線や意識を長く逸らした後に再発進する場合は「グルッと一周」の対象と考えている為)、基本姿勢として「可能な限り全てのことを発車前に済ませてから発車する」ようになると思いますし、それは安全向上に繋がっていると思っています。

なお、私は原則的に「毎回」やっていますが、諸般の事情により毎回は無理でも、例えば小さな子供が歩いている可能性が高い、スーパーやショッピングモールの駐車場とか、幼稚園などに迎えに行った際に一度完全に駐車し暫く時間を置いてから再発進する場合とか、そういう場合に限定してでも全くやらないよりかはやったほうがマシと思っています。

これはこの項目に限らず、またクルマ関連に限らず全ての事柄に共通する基本姿勢だと思っているのですが、「毎回完璧に出来る訳ではないから、出来る時だけやったって仕方ない」と考えるよりも、「毎回完璧に出来る訳ではないからこそ、出来る時は実践する」と考えるべきであると、個人的にはそのように強く意識して生きています。

おわりに

冒頭で述べた内容の記事を見て、改めて思ったことを記しました。