読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

夫婦円満のコツ ~私の場合~ 

はじめに 私(45歳男性)は妻と知り合い結婚してから十五年近くになりますが、大きなケンカなども無く夫婦円満で過ごせているほうだと思います。 元々の相性が悪くないという理由が最も大きいのかも知れませんが、全く何も考えていないという訳でもなく、少し…

女性が結婚に「逃げる」ということに関する記事を読んで思ったこと

以下の記事を読みました。 news.livedoor.com 言葉の使い方(言い方)の問題だと思った 上の記事では、仕事や人間関係が上手く行っていない独身女性が、そのような生活から結婚して家族を持つような生活への切り替えを目指すのに、「結婚に逃げる」という言い…

大病をして「妻との結婚」の有り難さを改めて知る

(2017/04/19追記:PCにて見栄えなど修正しました(追記終わり))。本日も入院中の病床にてケータイより更新致します。 昔の手術の時の不安感 今回の手術、入院は「真珠腫性中耳炎」という耳の病気のためなのですが、実は今回は二回目(再発)でして、十五年ほど…

息子が見舞いに来てくれて、一週間ぶりに会って思ったこと

(2017/04/19追記:PCにて見栄えなど修正しました(追記終わり))。本日も入院中の病床にてケータイより更新致します。手術をしてから一週間ほど経ちました。手術以降、妻は毎日来てくれていますが、息子は学校があるので来ていませんでした(現在小学四年生)。…

妻子にとっての「夫・父親」は自分しか居ないという話

(2017/04/19追記:PCにて見栄えなど修正しました(追記終わり))。本日も入院中の病床にてケータイより更新致します。前回のブログでは、仕事に関して、「私にしか出来ない」(他の人では代わりが出来ない)仕事をするというような意識は大切だが、究極的に言え…

大病(真珠腫性中耳炎)をして改めて思った、「妻」の有り難さと「子供」の可愛さ

(2017/04/19追記:PCにて見栄えなど修正しました(追記終わり))。自身の病気の手術は数日前に無事に終わりまして、現在、ベッド上で安静中です。病気の件はまた改めて詳しく記しますが(予定)、真珠腫性中耳炎という病気でして、それほど簡単な内容では無い上…

結婚するのに一番大事なこと

前回のブログで、入院及び手術の為にブログの更新が途切れると書いたのですが、昨日入院しまして手術は数日後なのですが、それまでは事前準備としての点滴くらいしかやることがなく、またベッドでケータイも(通話で無ければ)普通に使って良いとのことでした…

「夫が育児をしない」の『育児』の内容とは?

以下の記事を読みました。 headlines.yahoo.co.jp 「育児」と「子育て」 この手の記事を読んでいてたまに思うのは、「夫が育児をしない」という論調の『育児』という部分は、どのような内容を指しているのだろうか?と思うことがあります。 辞書サイトなどで…

「あっという間の十年」が充実した時間で有り難いと思う話

タイトルでは「十年」と書きましたが、私(45歳男性)は結婚して十数年が経ちまして、子供は一人居り今春から小学四年生なので、子供が生まれてから数えても、もうすぐ十年が経つことになります。 それは「あっという間」と言っても過言では無いと思えるほど、…

「一人の時間」が丸一日あるような日が楽しいとは思えない私にとっての「結婚」「子供」「仕事」「ブログ」

以下の記事を読みました。今回のブログを記すのに中身の引用などはしないのですが、書く「きっかけ」であることは間違いないので、まずはタイトル(URL)のみ引用致します。 news.infoseek.co.jp はじめに 上の記事は「アラサー」「女性」が取り上げられた記事…

結局、本日は「久しぶりの休日」となりまして、また「良い休日」となりました。

本日は久しぶりの休みだった 少し前に、二ヶ月近く休み(仕事を完全に休んだ日)がなくて(自宅でのフリーランスの仕事)、今週も休みが無さそうだ、というようなことを書きましたが、色々あって、本日の日曜日は一日休めました。 息子が部活の試合で活躍した と…

「婚活」で「本気で結婚する気があるのか」と思わせられた記事

以下の記事を読みました。 news.infoseek.co.jp 女性向けの記事だと思いますが、男女を問わないと思う部分で思ったことを以下に記します。 はじめに 私(45歳男性)は結婚して十年以上経ちますが、十年以上前の独身時代に、自然な出会いを経て結婚に至るなど私…

「何でも全て自分の自由にし放題」という人生は楽しいのかどうか

以下の記事を読みました。 news.infoseek.co.jp 上記記事の「ベスト5」の見出しのみを以下の囲みに引用します。 ■5位:好きなときに好きなものを食べられる ■4位:家でいつ何をしても文句を言われない ■3位:子どもや夫のことで悩まなくていい ■2位:自分の…

恋人や配偶者のケータイの「ロック」について思ったこと

以下の記事を読みました。 news.livedoor.com 以下の囲みに、関係する部分だけ引用します。 ところが、現実の青山は「元カレの携帯電話のロックを外してチェックしていた」と明かしたのだ。この話を聞いた坂上は「これは最低だよ。絶対やっちゃダメだよ」と…

「非イケメン」で「非モテ」の私が普通に結婚出来ている最大の理由

引用まではしないのですが、「イケメン・非イケメン」に関する記事を読んでいまして、少し思ったことを記します。 「非イケメン」で「非モテ」の私 私(45歳男性)は、自分では確実に「非イケメン」だと思っています。芸能人などで私自身が「カッコ良い」と思…

「母親の弁当」の記事を見て思ったこと

以下の記事を読みました。 news.livedoor.com こういう内容の記事は今までにも何度か見た記憶があります。これまでもそうでしたし今回もそうですが、かなり「ほっこり」した気持ちになります。 考えてみれば、普通の食事も弁当も含めて「親が子供に食事を作…

息子が「おにぎりを頬張る」姿を見て幸せな話

息子(現在小学三年生)ですが、三年生になってから部活を始め、また幼稚園の頃から続けている「体操教室」もあって、一週間の平日の内、二~三日ほどは帰りが少しだけ遅くなります(と言っても18時前後です)。 息子は「夕食後に勉強が残る」ことが嫌なようで、…

「離婚率の低い夫婦」に全く当てはまらない、私たち夫婦

以下の記事を読みました。 news.infoseek.co.jp たぶん、女性目線(女性→男性を見ている)の記事だと思うのですが、記事で挙げられている4項目の、まずは項目のみを以下の囲みに引用致します。 1:結婚式を挙げる 2:月に1回は外食をする 3:一緒に食事をする …

配偶者の「些細な部分」が気になるか否か

たまにネットなどの記事で、夫から妻、もしくは妻から夫を見た時に日々の食卓での食事マナーだとか、物の言い方だとか、そういう「些細な部分」に関して、「こういうところが気になる(不快)」というような内容を列記したようなものを目にします。 自分がどう…

妻に対する「感謝」の意味

はじめに 以下の記事を読みました。 news.infoseek.co.jp と言っても、書かれているお笑いコンビの方は全く知らない方ですし(文字通り名前も顔も知らない)、従って書かれているテレビ番組も見たことはありませんし(基本的にテレビを見なくなり十年近くになる…

家族での外食

本日は平日でしたが、夕方から家族(私と妻と息子)で揃って出かける用事があり、夕食は外食にしました。 こういう際には「夕食は外食で”済ませた”」というような言い方もありますが、私にとっては「済ませた」なんて感じは全く無くて、休日であっても平日であ…

「交際ゼロ日婚」に限りなく近い私が改めて思ったこと

引用まではしないのですが、先ほど「交際ゼロ日婚」に関する記事を読んでいました。改めて思ったことを記します。 私(45歳男性)が結婚に至った状況 ・「非モテ」というか、自然に誰かと出会って結婚出来るなど有り得ないと自分でも思っていた私は、しかしな…

「息子と二人」の時間

今日は妻が用事で出掛けており、家に息子(小学三年生)と二人で居ます。今から思えば、息子がもっと幼い頃は、妻が居ないと息子は寂しそうにしていたように思いますし、また私も慣れない手つきで息子の世話をするのが大変だったようにも思います。しかし息子…

「非モテ」と「結婚生活を送る為の資質」は基本的に無関係だと改めて思った話

以前から書いています通り、私は独身時代はいわゆる「非モテ」だったと思っているのですが、 これも以前より書いていますが30歳の頃に「やっぱり絶対に結婚したい」と強く思い、しかし非社交的で同性の友人さえ極少で女性の知人や友人なんて一人も居ない私は…

妻と息子に「土産」を買って帰るという「楽しみ」

数日前、取引先の方と飲みに行きました。私は自宅でフリーランスで働いているからか、「外で誰かと飲む」という機会はあまり多くありません。で、そういう際には帰りに、妻と息子に「土産」を買って帰るのが自分の「楽しみ」になっています。と言っても遅く…

私に限って言えば「モテる要素が無い」からこそ結婚出来たのかも知れない

記事までは引用しないのですが、独身男性が40代になり、それでも普通に結婚出来るだろうと考えている人に対して「現実はそれほど甘くない」と指摘しているような記事を目にする際に、そのように考えている男性というのは大企業に勤めているとか、学歴が良い…

「子供が欲しい人は結婚を早めに考えたほうが良い」のは、男性にも言えるのかも

以下の記事を読みました。 zasshi.news.yahoo.co.jp 記事の中で「40代の男性の結婚を難しくする理由」として「子供を望むこと」が挙げられていました。 ようは、子供を望むのであれば「相手の女性」は30代までの女性を望むことになるが、そうなると人口構成…

自宅で仕事をしていると「家族の幸せ」が目に見える

私は自宅で自営業(フリーランス)の仕事をしています。本日も正月明けの時期ですが普通に仕事しています。 先ほど、妻が夕食のカレーを作っている横で、息子(小学三年生)が一生懸命ジャガイモの皮むきをしていました(皮むき器を使って)。 私が気づいて見に行…

「家族」と「好きな仕事」に囲まれて

本日の元旦も、帰省先である妻の実家で過ごしました。皆で新年を祝い、おせちや雑煮を食べて、初詣に行ったりしました。ノートパソコンで持ち帰っている仕事(フリーランスの設計の仕事)ですが、本日は少しだけでしたが(数時間)、やっぱり仕事もしてしまいま…

結婚して(出来て)良かったと思っている話

私(45才男性)は結婚して十年以上になり、子供も一人居まして小学三年生になります。結婚当初から今でもずっと「結婚して(出来て)良かったな」と思っています。独身で一人でいるケースよりも、「自由が少ない」というのは、紛れもない事実であるようには思い…

妻の実家に帰省しながら仕事もする話

本日より妻の実家に帰省しています。携帯電話(ガラホ)より投稿しています。仕事(フリーランスの設計の仕事)はあるので、ノートパソコンで持ち帰り対処しています。確か、去年と一昨年は二年続けて、妻と息子だけ先に帰省してもらい、私は自宅に残って仕事を…

結婚「適齢期」について

以下の記事を読みました。 news.careerconnection.jp 女性向けの記事ですが、たまたま目に入ったので読みました。 「20代後半」という年齢の意味も人によって様々 で、記事を読んで改めて思ったのは同じ「20代後半」という年齢であっても、その位置づけと言…

本日のクリスマスは息子と二人で「枚方パーク」へ

妻は仕事で不在でした 本日のクリスマスは日曜日だったのですが、なんと妻は仕事で不在でした。 息子(現在小学三年生)が生まれてからはずっと専業主婦をしてもらっていたのですが、妻は今年から、まずはパートですが復職しました。元々働いていた業界(アパレ…

私とクリスマスパーティ

子供の頃、クリスマスが楽しみでした。ケーキを食べることが出来て、プレゼントを貰うことが出来て、という普通にささやかなクリスマスです。もちろん私は子供として、両親が祝ってくれる訳です。 成長し大人になり、「両親に祝ってもらう立場」では無くなり…

「結婚を前提に付き合ってください」が「NGセリフ」の意味が分からない

以下の記事を読みました。 news.livedoor.com 「NGセリフ」として四つ挙げられていますが、ここでは上記記事のタイトルにもなっている「結婚を前提に付き合ってください」について取り上げます。 受け止め方は人それぞれなのでは? たったの「19人」に聞いた…

非モテでも結婚出来た私にとっての「努力」とは

「仕事の努力」と「結婚」(相手探し)の努力の違い 私(45歳男性)の現在の仕事はフリーランスでして、現在では結構な所得がありますし、また技術を身に付ける為の努力はサラリーマン時代も含めてかなりやってきたという自負もあります。 ただ、新卒で就職して…

我が家のクリスマスツリー

じいちゃんばあちゃんが買ってくれたクリスマスツリー いつだったかは覚えていないほど前のことですが、現在は小学三年生の息子が、まだ幼稚園に入る前の頃だったと思いますが、じいちゃんばあちゃん(私の両親)が息子にクリスマスツリーを買ってくれました。…

子供が出来て「父親」になって「人生の充実度が上がった」と純粋に思う

元々「子供好き」でも何でもなかったけれど 私は若い頃から「結婚」はしたいと思っていましたが、子供に関しては「要らないかなぁ」と漠然と思っていました。 と言うのも、若いときは小さな子供を見て「可愛いな」と感じるようなことが無かったですし、例え…

「結婚は人生の墓場」だったと感じている人は仕方ないが、幸せを感じている人は素直に「幸せだ」と言えば良いと思った話

「結婚は人生の墓場」の意味 たぶんほとんどの方々が同様の解釈であるとは思いますが、念のため冒頭で「結婚は人生の墓場」の意味を、以下の辞書サイトの引用により明記しておきます。 www.weblio.jp 以下の囲みが上記サイトからの引用となります。 結婚する…

「いきなり結婚族」って、そんなに珍しいか?と改めて思った話

最初に少しだけ昨日の続き 昨日、以下の記事を書きました。 t-kazu-t.hatenablog.com その後、実際の番組はどんな様子だったのか見てみようと思い、下に記すNHKの番組ページを見てみたのですが、「AKB48の握手会」は本当にチラッとボードに表示されていただ…

小さな子供が遊ぶ姿を見て、つい「可愛いなぁ」と思ってしまった話

本日、出先で少し時間をつぶす必要があり、公園のベンチに座っていました。 その時に、目の前で三歳くらいの子供がずっと遊んでいたのですが、その姿を見ながら、つい「可愛いなぁ」なんて思っている自分に気づきました。 独身時代の私は元々子供好きでも何…

「非モテ」の私の心が折れなかった訳。そして結婚出来た。

以下の記事を読みました。 news.infoseek.co.jp 私(45歳男性)は結婚しており、子供も一人居ます。今までも書いていますが私はずっと「非モテ」だったのですが(27歳まで彼女居ない歴=年齢だった)、どのようにして結婚に至ったかは以前に記しましたので、今回…

結婚生活の充実感と、夫婦の絆の話

私(45歳男性)は結婚して十余年です。小学三年生の息子が一人居ます。 結婚して本当に良かったと思っています。「こんな点は独身のほうが良かったかも知れないな」なんて考えることが全くありません。 人生の充実感 自分の為に使える「お金」や「自由な時間」…

結婚する前の自分の状況を考えると「よく結婚出来たなぁ」と思う反面、「結婚相手をストレートに探した結果」という必然性もあるのかも、と改めて思った件

前回と更にいくつか前の記事で自分の半生を振り返ってみたのですが、それを記していて当時(妻と知り合う前の時期)のことを思い返していると改めて「よく結婚出来たなぁ」と我ながら思いました。 と同時に、言葉で書き起こしていると私が妻という人と出会い結…

記事を読み「モテ期」が来ない男が居るのは当たり前の話だろ!と思ってしまった「モテた経験の無い男」である私が結果的には幸せな結婚生活を送れている半生を振り返ってみた

以下の記事を読みました。 news.infoseek.co.jp いや、今まで「モテ期」を経験したことが無い私(45歳既婚男性)としては、「モテ期が一度も来ない男が居る」って、別に当たり前の話だと思うけど…、というのが率直な感想でした。 が「モテた」経験のない私でも…

「結婚したくない20歳代男性急増」と、「若者の収入の低さ」の記事を見て、自分の半生を振り返ってみた

以下の記事を読みました。 news.livedoor.com 近年の20歳代の年収の推移 記事では要因として「若者の収入の低さ」が挙げられています。 近年の若者(20歳代)の平均年収の推移は、以下のページのグラフが分かりやすかったです。 nensyu-labo.com 冒頭の記事の…

「大切な思い出」の話(家族の話)

私(45歳男性)には家族が居ます(妻と小学三年生の息子)。 結婚して家族が出来て、色んな思い出があるのですが、「あの時は本当に嬉しかったなぁ」というような、記憶に強く残っている思い出が複数あります。それはイベント性の大小に限りません。すなわち日常…

息子の「お泊り」

この記事は2016/02/06にココログで記したものの再掲となります。なお、文中に(息子は)「小学二年生」とありますが当時のものであり、現在は小学三年生です。 ※ ※ ※ ※ ※ 私の両親は近所(歩いて十分程度)に住んでいるので、少なくても週に一度は会います。 と…

「結婚して家族がいる」ということ

この記事は2015/12/21にココログで記したものの再掲となります。 ※ ※ ※ ※ ※ 私は自宅で自営(フリーランス)で、一人きりで仕事をしています。 友人関係も極めて少ないです。 が、仕事の取引先の方で懇意にさせて頂いている方が何名か居て、その方々数名と先日…