読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

運転中に「人を死なせるリスクの増大」を負ってまで「ゲーム」で遊ばなくてはダメなのか

交通安全など

以下の記事を読みました。

news.livedoor.com

ポケモンGO」が登場してから、この「スマホでゲームで遊びながら運転する」という行為が注目されたように思います。

が、当たり前のことながら「ポケモンGO」に限らず、どのようなゲームであっても、またゲームに限らずメール等であっても、「スマホを凝視し何かを操作しながら運転」することは危険極まりないと思っています。

クルマは「たった1秒間」でもかなり進む

少し前の記事でも書きましたが、程度によるでしょうが「飲酒運転」よりも危険であるような気さえします。

クルマは例えば時速20キロしか出ていなくても、1秒間で5.6mも進みます。時速40キロなら11.1m、時速60キロなら16.7mも「たったの1秒間」で進むのです。

それを考えれば、「スマホを凝視し何かを操作しながら運転」して何故に大丈夫と思えるのか、その精神性が私には全く理解出来ません。

それでもやめられない「娯楽」なのか

全ての交通ルールを全て杓子定規に守れというのは綺麗事なのかも知れません。

また電話での会話やメール等なら本当に緊急性の高い用事があるのかも知れない。

でも、「ゲーム」とか雑談的なメール等とか、他にも昔(スマホが普及する前)から「テレビを見ながら」なんていうのもありますが、このような「娯楽」でさえ、控えることは出来ないものなのでしょうか。

そんなものに興じながら運転し、誰かを死なせてしまうような事態に至れば、心の底から後悔するだろうと考えないのでしょうか。

立場が逆になりそんなものに興じているドライバーのクルマに身内などが撥ねられて死んでしまったら、心の底から無念に思うだろうと想像しないものなのでしょうか。

そのようなことをいつも思います。