読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

「電車内での化粧」の議論に関する「今更感」 ~もっと「強烈」だと思った光景三つ~

以下の記事を読みました。巷で話題となっているようです。

headlines.yahoo.co.jp

別の場所で映像も見てみたのですが、それでまず驚いたのは、批判する側の女性も車内で踊りだす点です。いや、普通にマナーを啓発する映像だと思っていたのですが、何かウケ狙いの軽い感じの印象に拍子抜けしまして、「電車内での化粧肯定派」の人が、この映像を見て考えを改める確率は、非常に低いように感じました。

それはさておき本題に入ります。

「迷惑かどうか」ではなく「多くの人が不快に感じる行為」をやっても良いのかダメなのかという価値観の問題

上記記事によれば酔っ払いなど他にもっと「迷惑」な行為もあるというような議論もあるようですが、それは少し観点がズレているような気がします。

直接的な害は無いとしても、そのような行為を「みっともない」「恥ずかしい」と感じる人が少なくないとして、そのように考える人の中には当然ながらそのような行為を長々と見せられると「不快」に感じる人も出てくる訳ですが、そのような状況でも「そんなもの不快に感じる人の勝手なのだから別にやったって構わない」と考えるのか、「悪いこととは思わないけど不快に感じる人が少なくないのなら慎もうか」と考えるのか、その部分の「価値観」の問題なのだと思います。

個人的には「今更感」を感じます…

いや、自分の嫁さんがそんな行為をしていたら嫌ですし(もちろんしませんが)、仮に自分に娘が居たとしたらやっぱりやって欲しくないとは思いますが、そういう自分の思いは別にして、現代は既に「十分に認められている行為」だとばかり思っていました。なので今回のように話題になり議論になることに少し驚きました。

そのように思うのはたぶん、電車に限らず色んな「公共」の場所で、「公衆の面前でそれをやって平気なんだ」と感じるものを色々と目にするからかも知れません。

以下は、日常茶飯ではなく一度もしくは数度ですが、見かけて本当に強烈だった光景を三つ記します。

第3位:フードコートで教科書広げて爆睡する女子中学生

いや、昔から深夜のファミレスなどでは、不良っぽい少年少女が寝ているなんて光景はありましたが、家族連れが普通に買い物している昼間のショッピングモールのフードコートで、女子中学生(と思われる)が机に突っ伏して寝ていまして、本当に驚きました。

机には教科書なのか参考書なのかが開いてあり、向かいの席では友人と思われる女子中学生が机にふんぞり返る格好でスマホを見ていまして、その光景が妙にシュールでした。

第2位:フードコートで化粧を直す女性

これは一度ではなく何度か見かけたことがあります。

電車内とか公衆の面前とか、もうそんな次元ではなくて、飲食店で、しかもテーブルにはドリンクバーの飲み物などまだ飲食物もあるのに、それでも「化粧」はオッケーなのか!と最初見た時は本当に驚きました。

若い女性の時もありましたし、40代くらいの女性の時もありました。

これも深夜のファミレス等ではなく、普通に家族連れで賑わう「昼間のショッピングモール」なので、より違和感が大きいのかも知れません。

第1位:電車内でおにぎりにかぶりついた!

これが最も衝撃的でした。

昼間の地下鉄車内で、通勤時間ほど混んでいる訳ではありませんでしたが、席は全て埋まっていて立っている乗客も普通に居るような状況で、駅で乗り込んできた20代と思われる男性が、電車が発進するなりカバンからコンビニのおにぎりを取り出して封を開け食べ始めました!(立ったまま!)

インターネットではそういう人も居ると読んだことはあったのですが、実際に目の前で見たときは本当に衝撃的でした。

「やったらダメ」という明確なルールがなく、かつ直接的に誰かに迷惑をかける行為でなければ、究極的には何をやっても「個人の自由」とも言えるかも

上で挙げた三例の内、フードコートで寝たり勉強したりする行為は、そのお店が「飲食以外の利用はお断り」と明示していれば、明確なルール違反ですし、またそうでなくても混んでいる時間帯であれば「他の飲食したい客のスペースを他の目的で占有している」という意味で迷惑行為であるかも知れません。

しかしその他の二つ、飲食店での化粧や、電車内での飲食行為は、極端な臭いや音などを発しない限りは、直接的には誰の迷惑にもなりませんし、またそれが明確に「ルール」で禁止されていない限りは、はっきり言ってしまえば「個人の自由」であるとしか言い様がないのかも知れません。

結局は価値観の違いなのだろう

繰り返しになりますが、そのような行為を不快に感じる人が少なくないとして、「そんなもの不快に感じる人の勝手なのだから別にやったって構わない」と考えるのか、「悪いこととは思わないけど不快に感じる人が少なくないのなら慎もうか」と考えるのか、それはもう「価値観の違い」としか言えないのだろうと思います。

冒頭で取り上げた記事で議論されている「電車内の化粧」も、そのようなものの内の一つに過ぎないのだろうと思います。