kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「稼げる仕事」とは

この記事は2016/09/07にココログで記したものの再掲となります。

※ ※ ※ ※ ※

ある業種を指して「あの仕事は厳しいし稼げないでしょ」

という意見をたまに目にします。

それは「平均的に」という意味では正しいことが多いのだろうとは思うのですが、

やっぱり「それでも稼いでいる」という人も多いのかも知れません。

※ ※ ※ ※ ※

数年前ですが、ワーキングプアに絡めて稼げない仕事の象徴として「タクシー運転手」が報道等でよく取り上げられていた時期がありました。

そんな時期に、深夜まで取引先の方と飲んでまして帰りにタクシーに乗りました。

乗ってから気づきましたが、普通のタクシーとは異なり「高級車」の佇まいでした。

私もクルマが好きなので、運転手さんに話しかけ、良いクルマですねぇとか、やっぱり個人タクシーなんですねぇとか話していて、私のほうから「でも今ってタクシーは厳しいってよくニュース等で言ってますけど、どうなんですか?」と話を振ったところ、運転手さんの回答は以下のようなものでした。

『いや、私にとっては全く問題なく今でも普通に稼げる仕事です。そりゃ法人時代(個人になる前の会社勤務時代のこと)、先々の色んなことを考えて必要な勉強や人脈作りをやりましたし(色んなことを具体的に教えて頂きましたが今回は省略)、人一倍の努力もしてきたという自負もあります。

ニュースで稼げないって嘆いている人って、他の業界で使い物にならなくなったからってタクシー運転手始めましたって感じの人ばかりじゃないですか。そんな人が普通に稼げたら逆におかしくないですか?努力しないと稼げない仕事だからこそ、努力のし甲斐があるってものです。

多少は景気が悪くたって若い時からその仕事で努力して努力して色んなものを積み上げてきた人なら大金じゃなければ普通に稼げるもんですし、逆にその仕事に関して大した努力をしてきていない人は普通には稼げない、という当たり前の話だと思います』

と、そのような回答でして、本当にその通りだなと思いました。

私の仕事や業界のことは諸般の事情で詳しくは書けないのですが、私自身も自分が働く業界はこの二十年ほど「景気の悪い話ばかり」という印象で、私のような「一人で自営でやっている」という人も昔は普通にいっぱい居たのですが最近では滅多に見かけなくなったという印象なのですが、それでも私にとっては今でも「バリバリ稼げる仕事」という感じでずっと続けている身ですので、余計に深く共感したのかも知れません。