読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

意識低い系フリーランスの私がずっと稼ぐことが出来ている、たった一つの理由

仕事や労働など

と言う訳で、最初に「たった一つの理由」を書いておくと、

「仕事が好きだから」

これに尽きると思います。

関連することを以下に記します。

私(現在45歳男性)の場合、「起業」というよりも「脱サラ」です

最初に書いておきますが、サラリーマン時代とは全く異なる業種で起業したとか、世の中に新しい価値を提案するとか、そういう大そうな「起業」をした訳ではなく、サラリーマン時代にやっていた仕事(とある設計の仕事)と基本的に同じ仕事で「独立」しただけなので、イメージとしては「脱サラ」という言葉が合っていると思います(余談ですが、この言葉、最近あまり見なくなった気もします…)。

サラリーマンを辞めた訳

・自分のやっている仕事と収入が見合っていないと感じるようになった

新卒で働き出して数年経った頃にはこのように感じてましたが、あまりにも早く辞めるのは「技術の貰い逃げ」のようで気が進みませんでしたし(恩返しの期間も必要と思っていた)、また元々独立志向もありませんでしたので、以下に述べる理由により「管理職に上がる寸前」の時期で辞めました(30歳の頃)。

なお、この「収入」の話は下の「管理職」の話ほど強く思っていた訳ではなく、「少しは上がったらいいな」程度の気持ちだったと記憶しています。

・「管理職」という仕事をしたくなかった(ずっと現場の技術屋でいたかった)

仕事を始めて数年経った頃にはその「設計」の仕事が心底から好きになってしまったので、そこから距離を置き「人やお金などの管理をする管理職」という仕事をするのは気が進みませんでした。

周囲で「課長になれた」と喜んだり、「どうしてオレはまだ平社員のままなんだ」と愚痴っている、少し上の世代の人を見ていて、「その”管理職”という仕事の何がそんなに面白そうなの?」と思っていました。まあ、「収入」や「出世」という意味で他人がそれを望む気持ちは分からなくは無かったのですが、私としては「出世」とかは全く興味が無かったので、純粋に「設計」の仕事をずっと続けながら自分がそこそこ納得出来る「収入」を得る為の手段が「脱サラ」だったのだと思います。

いきなり「独立」した訳では無かったが、最終的には「独立」に至った

いきなり「独立」した訳ではなく、最初は独立して個人事務所をやっている人の事務所で雇ってもらいました。いきなりでも「独立」出来るだけのスキルはあったつもりですが、なんせ「独立志向」は全くありませんでしたので、純粋に「設計」の仕事をずっと続けながら自分が納得出来る「収入」を得られるのなら、勤め人で構わなかった訳です。

ただ、最終的にはそこの社長(正確には事業主)と上手く行かず、結果的に「独立」してしまったのでした(今から約八年前)。

もちろん、技術には絶対的な自信があったので、結婚して子供が生まれてまだ一歳児の時でしたが、不安は全くありませんでした(と言うかある時酔った勢いで妻に「辞める」宣言をして翌日に辞表を提出してしまいました…)。

「独立」して八年目、私にとっては「高給」を維持しています

独立して今年で八年目です。収入(課税所得金額)は具体的に書くのは差し控えますが、ニュース記事などでよく見かける「大卒の平均年収」よりかはかなり多い額ですので、大学も出ていない私にとっては「高給」であると思っています。

ただし一人きりでやっていて(自宅でのフリーランス)、雑用的なものも含めて全て自分一人でやっているということもあり、労働時間もかなり長めのほうだと思います。

意識低い系の私

「独立や企業」=「意識が高い人」(皮肉の意味で無く文字通りの意味)というイメージがありますが、私ははっきり言って「意識低い系」です(笑)。

他業種の人脈を広げるとか全く興味はありませんし、読書はしますが「自己啓発」のようなものは全く読みませんし、着ているものはスーパーや量販店で買った服ですし(しかも妻が勝手に買ってきたもので自分で買ったことは一度も無い)、腕時計は結婚した頃に5000円で買ったものが壊れてからは持ってもいませんし(ケータイで時間は分かる為)、クルマは国産車ですし、どれだけ収入が増えてもそのようなもののレベルを上げようと思ったことが一度もありません。

また、いわゆる「新しいもの」にも基本的に興味がありません。

ただただ、「好きな仕事」を延々と続けているだけ

ただ、例えば仕事で必要になる「新しいもの」はいち早く導入して実践で使いこなしていきますし、仕事で必要となる勉強には時間を惜しみませんし、そういう部分は独立してからだけでなく、サラリーマンの時からずっと同じです。

また独立してからは、取引先の方とは飲みに行ったりとかしてコミュニケーションは取っています。が、これは結婚してから「酒を覚えて」単に楽しいからだと思います(笑)。

そして、やっぱり仕事は今でも心底から楽しく続けています。長いスパンで見ればやっている内容もやり方も結構変わっていますが、数年のスパンで見れば「同じようなこと」を毎日延々続けている訳ですが、飽きるということが全くなく、ずっと続けることが出来ています。

まとめ

全てが「完全な自己責任」ですので色んな意味でのプレッシャーは結構大きいとも言えますし、また税務処理など面倒くさい部分も少しはあります。

が、通勤や会議など「無駄」だとしか自分には思えないようなことに時間を割かれることなく、それで浮いた時間を延々と「本業」に費やせますし、また変な人間関係によるストレスなども一切無く「本業」に集中出来る現在のスタイルは、私自身にとっては非常に合っていたと今でも思っています。