kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

5年前の自分はブログを書いていた。そして恐らく5年後の自分もブログを書いているだろう。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

お題である「5年後の自分」と「ブログ」というキーワードでブログを書いてみる。

5年前の自分はブログを書いていた

5年前は、「みんカラ」というSNSでブログを書いていた。クルマに関するSNSであるにも関わらず、クルマとは関係ないことをメインに書いていた。

既に退会済だが、当時のブログは取捨選択した上で別の場所に残している。その保存ブログで、概ね五年前の記事を確認すると、以下のような記事であった。

行楽&躾の話。 その2-T-kazuの日記(みんカラの保存用)

躾のやり方や記事の記し方(描写の仕方)など、それから5年後の「現在の自分」が読んでみると、違和感を感じなくもない。が、消してしまうほど「おかしい」ようにも思えないので、自分自身の「軸」はそれほどブレていないのかも知れない。

上の記事の頃から暫く経って、何故だかSNS内での「人気ブロガー」となってしまい、素人雑記ブロガーであるにも関わらず最後の頃には一ヶ月のPV数が10万~25万程度あったと記憶しているが、そのようなPV数の状態になってから二年ほど続けて、今から二年半ほど前に、まあ色々とあってそのSNSを退会した。

現在の自分もブログを書いている

その後、色んな所を転々としながらもブログはずっと書いている。この「はてなブログ」も今回はまだ一ヶ月足らずだが、実は二回目である。ちなみに転々としていた時のブログは残して(他所にも保存して)いない。

PV数に関しては、一番多かった上記の時期と比べると百分の一程度しか無いのであるが、もう少し読まれたいという気持ちもあるし、しかしまた一ヶ月に十万単位のPVが来るようになって色々と言及される立場になるのもどうかな、とも思うし、ずっと複雑な思いである。

が、そのような思いとは無関係に、「ブログを書きたい」という思いは基本的に途切れることは無いし(ただし若干の空白期間はあり)、仕事(フリーランス)が深刻なほど忙しい時期には書けない時もあるが、基本的にはずっとブログを書き続けているのである。

結局は書くのが楽しいから書いている

ブログを書く効用として「思考が深まる」とか「過去の自分を振り返ることが出来る」というものがあると思う。

普段は見過ごしたり読み流してしまうような小さな事柄に関しても、「敢えて」書くことで思考が深くなるし、また記事を保存をしている、していないに関わらず「この頃の自分はこんな考えだったな」ということは記憶に強く残っている場合が多く、何故にそれが記憶に強く残っているかと言えば、それは当時に「敢えて書いた」からだと思うのである。

と、そんなことも思ったりするが、それは「後付で考えた理由」のようなものであり、根本的には「書くのが楽しい」から書いているのだと思うのである。

そして恐らく5年後の自分もブログを書いているだろう

私は基本的に無趣味である。

クルマ(MT車)は好きなのであるが、昔のように改造したりしないし、毎日走り回ったりもしないし、また自宅でフリーランスで働いており通勤も無いのでクルマに毎日触れることもない。趣味というより「存在自体が精神的な支えになっている」というようなもので、毎日の時間を費やして何かをするような「趣味」では無くなっている。

もう何年も前にいわゆるテレビを見るのもやめたし、音楽も聴かなくなった。たまに自宅のケーブルテレビで映画を見たりする程度である。

しかし私は毎日において退屈など感じず、むしろ時間が足りないと思うほど毎日充実しているのであるが、それは家族との幸せな生活に加え、「ブログを書く時間」があるからに他ならない。

そして、そんな私は恐らく5年後も、ブログを書いているであろうと思うのである。