読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

「非モテ」の私の心が折れなかった訳。そして結婚出来た。

結婚や家族のこと 私の考え

以下の記事を読みました。 

news.infoseek.co.jp

私(45歳男性)は結婚しており、子供も一人居ます。今までも書いていますが私はずっと「非モテ」だったのですが(27歳まで彼女居ない歴=年齢だった)、どのようにして結婚に至ったかは以前に記しましたので、今回は「非モテ」時代において、何故に心が折れることなく頑張って来られたかを、上記記事に絡めて記したいと思います。

無駄に「モテたい」という願望が無かったのが良かったのかも

上記記事では「非モテ」の3タイプとして以下のように記されています。

(1)いろんな女からちやほやされたい(がされない)。あわよくば、いろんな女とエッチしたい(ができない)こと。
(2)自分の好きな一人の女から恋人として愛されないこと。
(3)「性愛的挫折(恋愛未経験/失恋を含む)」がトラウマ化し、あたかも人格の一部となって、常日頃から、上記の1・2のような愛情渇望状態に苦しめられること。 

私自身は若い頃から上記(1)のような願望が全くありませんでした。すなわち、誰か一人の女性と知り合って付き合って結婚してずっと一緒に暮らしたいというような願望のみがあった訳です(理想として)。

現実には27歳まで恋愛どころか「女性の友人」さえ居ない状態が続くのですが、例えば上記(1)のような思いとか、もしくは「若い内に色んな恋愛経験をしておきたい」とか、そのような願望を仮に持っていたのであれば、それに反して20代後半まで歳を重ねても「女性の友人」さえ一度も出来ないという現実が非常に重くのしかかるのかも知れませんが、私としてはどれだけ歳を重ねたとしてもある段階で将来をずっと共に出来る「誰か一人」と知り合えれば全て満たされる訳ですから、いわゆる「追い込まれている」感覚があまり重くなかったのかな?と改めて思いました。

仕事が非常に充実していたことが心の支えになっていたと思う

新卒で社会人になり始めた仕事(設計の仕事)が自分に合っていたのか、すぐに面白みを感じるようになり、また頑張ってやっていたところ、社内や顧客からの良い評価も聞こえてくるようになり(直接聞くことはあまり無いが営業を通じて聞こえてくる)、非常に充実感がありました。ちなみに現在もサラリーマンは辞めてフリーランスになっていますが、ずっと同じ仕事を続けています。

かと言って「仕事も充実しているし生きがいも感じ退屈もしないので、もう結婚はしなくて良いか」みたいに考えたことは一度も無いので、すなわち「結婚は諦めていないが誰かと出会う見込みは全くゼロ」という期間が長く続いた訳ですが、そんな中での「心の支え」としては、「仕事の充実」というのは非常に大きかったのだろうと、改めて思いました。

そして結婚出来た訳

細かな経緯は過去の記事(文末にリンクを記します)で書いたので今回は書かないのですが、27歳の時に初めての恋愛を経験した上で(二年ほどで上手くいかず別れた)、30代になり最終的には「出会い系サイト」で妻と知り合った訳ですが(今でも現存するサイトですが何の責任も持てませんので具体名は記しません)、今でこそ「婚活サイト」などでの出会いは市民権を得ているという印象なのですが、私が使っていた頃(約15年前)はそこまでの印象ではなかったと記憶しているのですが、それでも高くないと思われる可能性を信じて相手探しを頑張りきって無事に結婚に至ることが出来たのは、もちろん妻と出会えたという「幸運」も大きいのですが、以下のようなものが背景としてあったのだろうと改めて思います。

・「色んな恋愛を」みたいな感じで結局はどこがゴールなのか曖昧である、というようなことが私の中では一切無く、「結婚してずっと一緒に平穏に暮らしていける相手」と出会いたいと若い頃から一貫して思っていた訳で、そういう意味でゴールが明確であったこと。

・恋愛経験も極少だし恋愛スキルもなく大した取り柄もないが、「仕事(に関する技術力)」にだけは絶対の自信があったので、変な意味で「卑屈」な精神状態には陥ってなかったと思われること。

そして、その「仕事に対する姿勢」の部分に興味を持ってくれた女性(=妻)と知り合い結婚し、それから十余年ずっと平穏に暮らせている訳ですから、若い頃に仕事を頑張って技術を身に付けていた時分にはそれと「結婚」を結びつけて考えるようなことは無かったと記憶しているのですが、人生「何がプラスに働くのか分からないものだ」と思うと同時に、仕事でもその他でも「絶対的な自信を持つに至れるほど何かに熱中し努力をすること」は人生にとってプラスに働くことが多いのかも知れないな、と改めて思いました。

冒頭で引用した記事を読み、そのようなことを改めて思いました。

※ ※ ※ ※ ※

結婚に至るまでのことを記した過去の記事は以下です。

t-kazu-t.hatenablog.com