kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「息子と二人」の時間

今日は妻が用事で出掛けており、家に息子(小学三年生)と二人で居ます。

今から思えば、息子がもっと幼い頃は、妻が居ないと息子は寂しそうにしていたように思いますし、また私も慣れない手つきで息子の世話をするのが大変だったようにも思います。

しかし息子も小学生になり、「親と離れて過ごす時間」も徐々に増え、精神的に少しずつしっかりしてきているように思いますし、また親が「世話」をしなくても、自分で出来ることも徐々に増えてきて、現在は息子と二人で長い時間を過ごしていても、「大変だ」なんて感じは全く無くて、息子も成長したものだ、なんて改めて思います。

そんな息子の「成長」は私にとって大変嬉しいものなのですが、息子が小さい時に仕事を独立してフリーランスになり、自宅で仕事をしていますので、その成長の「徐々に」の部分をずっと見守ることが出来ていることは、私自身にとって大変良かったのかも知れないと、そのようなことを改めて思いました。