読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

「匿名で書くこと」は、どこまで許されるか

私の考え

以下の記事を読みました。

blogos.com

私はいわゆる「グルメ」ではありませんし、食べログのようなサイトも基本的に見ませんので、その部分に関して何かを言いたい訳では無いのですが、もっと一般的な「匿名で何かを書くこと」に関して以下のような示唆的な一文が上記記事中にありました。

このようにネット上で匿名で批判や論評をしている人は、人の責任は追及するのに自分は責任を取らない「壁に隠れて石を投げるような人」です。ハンドルネームという都合の良い安全地帯に身を置いて、そこから批判をするのはフェアなやり方とは言えません。

 これを読み思ったことを簡単に記します。

「匿名で書くこと」は、どこまで許されるか

私はずっと匿名でブログを書いていますが、確かに良かったと思うこと、例えば、

・私が「餃子の王将」が大好きだ
・今日は家族で「スシロー」に行って美味しかった

というようなことは具体名で書くのですが、逆に美味しくなかったり接客で嫌な思いをしたりしたなどネガティブな内容については、それ自体を書くことも滅多にありませんが、更に「具体名」を出して書くことは(今では)まずありません。

それは、自分が味オンチだからと言ったような理由もあるのかも知れませんが、やっぱり自分自身が「匿名」で書いているから、という部分が一番大きいように思います。

「具体名」を出すケースか否か(一般的な事象か個人的な事象か)

最近は滅多に書きませんが、クルマのSNSでブログを書いていた頃は、クルマに関することもよく書いていました。

そこでは例えば「○○社の××というクルマは云々」みたいなことを具体名を出して書いていた訳ですが、それは今でも全然アリだと思っています。「○○社の××」のクルマに触れようと思えば誰だってディーラーに行けば見学や試乗など出来ますし、そういう意味でそのクルマの良し悪しと言うのは極めて一般的な事柄なのであって、それの具体名を出して匿名で論ずるのは何の問題も無いように思います。

同じように「○○社の××というクルマのテレビCMは極めて不快だった」というような内容も、テレビCMというのは極めて公共性の高い環境下で放映されていますので、そのような一般性の高い内容は具体名を出して匿名で論じても何も問題が無いように思います。

逆に、例えば「クルマを買いに(もしくは見学や試乗などをしに)○○のディーラー(お店)に行ったが、そこでこのような不快な思いをした」というような内容は、いわゆる一般性はあまりなく、自分自身の性格や受け止め方、もしくは相手の店員さんの人間性など、「○○社」とは無関係なその時の個別的な「要因」により左右されるような内容です。

こういう部分に関して匿名で書いているにも関わらず相手に対しては「○○社」と具体名を挙げることには、一定の心理的抵抗感を私は感じるのだと思います。

従って飲食店での出来事と言うのは大半がそのような類の話だと思いますので、ネガティブな内容に関して具体名を挙げて何かを書くことは無いのだろうと改めて思いました。

おわりに

上で記した内容は「現在の」(この数年の)私のスタンスなのであって、もっと前は、例えばクルマのディーラーの「○○社」の名前を出して、一般性の高くないことを書いていたことは、頻度は高くないにせよ少しはあったかも知れません。

歳を取り、また色んな言説に触れ、それでも「匿名で書く者」を続ける身として、改めるべきと自分で思うことは改めながら、それでも書き続けている次第です。