読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

息子が「おにぎりを頬張る」姿を見て幸せな話

子供のこと 結婚や家族のこと

息子(現在小学三年生)ですが、三年生になってから部活を始め、また幼稚園の頃から続けている「体操教室」もあって、一週間の平日の内、二~三日ほどは帰りが少しだけ遅くなります(と言っても18時前後です)。

息子は「夕食後に勉強が残る」ことが嫌なようで、全てでは無いにしても大半は「夕食前に終わらせている」ことを望みます。そしてそれは決して悪い話では無いように思いますので、可能な限り尊重しています。

が、育ち盛りの食べ盛りなので、18時頃の帰宅時には「腹ペコ」です。

ですが、それから「夕食までに」ということで学校の宿題や自主勉強を始めますので、夕食は19時前後となりますので、「腹が減っては勉強は出来ぬ」ということで、勉強を始める前に最近は間食として「おにぎり」を食べています。

その「おにぎり」は妻のお手製です。

ごま塩などは混ぜてあるだけの簡単なものとは言え、その「妻のお手製のおにぎり」を「息子が頬張っている姿」を本日も眺めていたのですが、それは夫もしくは父親の立場である私にとって大変幸福な気分になっていることに改めて気付きました。

フリーランスで自宅で仕事をしているのですが、そういう家族の日々の光景を普通に見ることが出来ていることは、私にとっては大変幸福なことなのだろうと改めて思いました。