読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

「アイツらが結婚出来て、なんでオレだけ…」と考えなかった私

以下の記事を読みました。

zasshi.news.yahoo.co.jp

普段はあまり読まない感じの内容なのですが、何となく読んでみました。主題である「不倫」そのものに関しては全く興味が無いのですが、私は45歳男性ですが少し別の観点から(男も女も関係ないような観点から)、以下の囲みの部分が気になったので引用し、その後に所感を記します。

ちなみに、こうしたエピソードを紹介してくれた女性たちの容姿は、「学校ではクラスで3番程度」というレベルの容姿だ。彼女たちは普通の女子よりも自分がかわいいことを自覚しており、“男性は自分に夢中になって当然”という認識で生きてきている。

10代、20代とモテてきたから、自分は特別であるという感覚をいつまでも引きずっている。だから、20代後半になってモテなくなり、自分よりレベルが下と考えていた女性たちが結婚し始めると、焦る。すると、心に欠損感ができ、承認欲求が肥大化する。それが、他人の物を奪う=既婚者と恋愛関係を結ぶという行動になって表れることが多いのだ。

そして、恋愛相手の男性が自分に夢中にならなくなると、社会生活を破壊するようになってしまう。

確かに「モテた経験の無い」私には分からない

上記引用の中の特に、

『自分よりレベルが下と考えていた女性たちが結婚し始めると、焦る。すると、心に欠損感ができ、承認欲求が肥大化する。』

という部分なのですが、男女を問わず20代後半にもなって本当にこれだけ浅はかな思考に陥ってしまうような人って居るのだろうか、なんて純粋に思う訳ですが、確かに考えてみれば、私は人生において一度も「モテた」という経験が無い訳ですし、身近にそのような人が居るようなコミュニティに属していた経験も無い訳ですから、「そんな人おらんやろ」と思うも「やっぱり居るかも」と思うも、本当に「想像」でしか考えられないという当たり前の事実を、改めて考えさせられました。

確かに「モテた経験の無い」私は焦らなかった

私は一度もモテ期を迎えることなく、また恋愛経験も少ないまま30代になり、真剣に結婚したいと考えて相手を探し妻と知り合い結婚しました。

その当時(結婚前)の心情として「焦り」というものは確かにあったのかも知れませんが、それは他者との比較ではなく、純粋に自分の年齢などを考えての「焦り」だったのだろうと思います(あったとすれば)。

すなわち、周囲の友人知人や、仕事の関係の同世代の人たちが結婚していくのを見て「なんで、あいつらが結婚出来ているのに、オレは結婚出来ないんだ!」という感じでの「焦り」の心情は全く無い訳です。何故なら私は「モテた経験が無い」からです。

すなわち、周囲の普通の人たち(外見が良かったり話が面白かったり価値観が普通だったりして普通に恋愛しているような人たち)が結婚していく中で自分が取り残されてもそれは「当たり前」という感覚です。

従って「焦り」が生じるにしても、それは「モテない自分が『いつかは自然な出会いがあるかも』なんて待っていて運命の出会いなんてある訳がないし、自ら積極的に頑張らないと結婚になんて辿りつける訳が無いので、そろそろ頑張らなきゃ」というような心情だったのだろうと今になっては思います。

そして、「アイツらが結婚出来て、なんでオレだけ…」みたいな心情に陥るよりかは、前向きに頑張れたのかも知れないな、と今になって改めて思いました。

おわりに

今回は詳しく書かないのですが、何でもかんでも「他者との比較など意味が無い。自分は自分らしく生きていけば良い。」と割り切って考えることは必ずしも正しいことでは無いと思っています。すなわち、事柄によっては「他者との比較」(社会の中での客観的な評価)を意識すべき事柄もあると思う、というような意味です。

しかしながら、結婚に際して「アイツらが結婚出来て、なんでオレだけ…」みたいな思いを私が抱くことなく、また時期や相手などを考えるベースが「他者との比較」ではなく「自分にとって」であったことは、私に限って言えば良いことはあっても悪いことは何も無かったのだろうと、そのように改めて思いました。