読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

「餃子の王将」が日常にある幸せ

外食など

私(45歳男性)はフリーランスで自宅で仕事をしているので、基本的に外に出る用事がありません。

が、ずっと家にこもりっきりというのもどうかなと思うのと、運動不足にもなりますので、買い物など何か用事を作って徒歩で少し外に出る時がありまして、昼ごはんの「外食」として出る時もあります。

で、私が住んでいる場所は、徒歩圏にはそれほど多くのお店はありません。

徒歩圏には飲食店は「ほんの数軒」しか無いのですが、その内の一軒が何と、私が最も好きなお店の一つである「餃子の王将」なのです。

そんな訳で、昼に一人で外食で食べる際の「餃子の王将」率はかなり高く、行く頻度はかなり多いほうだと思うのですが、「飽きる」という感覚は全くありません。

若い時とは異なりそれほど「量」は多く要らないので、定食などはやめて単品で頼むことがほとんどで、最も頻度の多いものは、

天津飯+餃子1人前
・中華丼+餃子1人前

の二通りでして、少し頻度が落ちますが「天津チャーハン」「ニラレバ炒め」(と中ライス)もよく頼みます。

以上に書いたもの以外は本当に「たまに」しか頼みませんでして、大体が上記の中のいずれかを注文するのですが、上記のローテーションで「全く問題無い」という感じです。

※ ※ ※ ※ ※

いつも書いているように私は「家族(妻と子供)」が大好きなほうだと自分では思っていますが、昼間に一人で「餃子の王将」で好きなものを食べる、というような部分も「人生の楽しみ」としては小さく無いのだろうと改めて思うと同時に、いつも美味しい料理を提供してくれる「餃子の王将」には感謝したいと改めて思いました。