読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

「プレミアムフライデー」に感じる矛盾

はじめに

私はマクロ経済に関して全くの素人ですので、以下の記述は「素人の戯言」に過ぎないことを、最初に申し上げておきます。また、ちょっとだけ思った「素人の戯言」ですので、手短に記します。

プレミアムフライデー」とは?

報道を読んでの「プレミアムフライデー」に関する私の受け止め方は、

・労働者の就労時間を短くし労働環境を改善する
・今までより余分に仕事から解放された時間を食事や旅行などの「消費」に費やしてもらうことにより経済状況を好転させる(景気対策)

の二つを両立させるような政策、と理解しています。

プレミアムフライデー」に感じる矛盾

プレミアムフライデー」の恩恵を受ける人は確かに労働時間が短くなり労働環境が改善されるのかも知れませんが、そもそも「国民の皆が働く時間を減らしたら」景気は悪くなります。何故なら平たく言えば「生産量が減る」為です。

景気の良し悪しは基本的にGDP(国内総生産)の大小で測られ、そのGDPというのは「三面等価の原則」が成り立ちますが、私は素人なのでそのような難しい内容の解説は抜きにして、もっと平たく「常識的に普通に」考えた場合、

・景気が良くなる…消費者の「消費」が増え、それに比例して労働者の「労働量」も増える

・景気が悪くなる…上記の全く逆

だと私には思われる訳です。

従って何かの政策により「労働者の労働量が減少」すれば、それに比例して「消費者の消費量も減っている」ハズ(=景気が悪くなる)ですし、逆に何かの政策により「消費者の消費量が増えている」(=景気が良くなる)のであれば、それを賄う為に労働者全体の「労働量」は増えているハズだと思う訳です。

従って、「プレミアムフライデー」の効用を謳うのに、例えば「景気が悪くなる点は諦めるが、労働時間をもっと短縮しよう」とか、もしくは「労働時間は増えてしまうが、景気を良くしてもっと皆で消費しよう」と言われれば話は分かるのですが、冒頭で述べたように「労働者の労働時間を減らしながら、浮いた時間で『消費』してもらおう」と言われても「?増えた消費に対する生産は誰がするの?」なんて思ってしまう訳です。

敢えていやらしい言い方をすれば、一部の大企業や公務員など「名のある場所で働く人たち」の労働時間が減り、その人たちが消費を行うが、その消費に対する生産を賄う為に、名も無き小さな企業で働く人たちの労働は過酷になるのではないか?などと思ってしまうのです。

おわりに

以上、冒頭の繰り返しになりますが、私はマクロ経済に関して全くの素人ですので、以上の記述は「素人の戯言」に過ぎませんので、ご了承下さい。