kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

【私の禁煙の記録】 初日~十日目で感じたこと

はじめに

ブログの更新休止が伴いますのでまた後日に改めてきちんと報告するのですが、今は三月の上旬ですが、約一ヵ月後の四月の上旬に、全身麻酔を伴う手術(と入院)を行う予定となっていまして、その関係で「禁煙」する必要が生じました。

と言う訳で、三月に入ってすぐに禁煙を始めまして、本日で十日目です。そのままずっとやめるのか、退院後にまた喫煙を再開するのかはまだ決めてませんが、とりあえず手術と入院・退院までは(当たり前ですが)やめる予定です。

せっかくの機会ですので、気付いたことなどを(予定ですが)何回かに分けて記します。

今までの喫煙歴(依存度)

下で記す内容を読まれた方の中には「それほどニコチンの依存が強く無かった事例なのでは」と思われるかも知れないので、とりあえず依存度が分かるような感じの内容を最初に記しておきます。

二十歳から吸い始めまして現在45歳ですので、喫煙歴は25年です。その間の禁煙歴は、30歳の頃に何度か入院などした時期のみで、禁煙期間は延べ期間で三ヶ月も無いと思います。

最も多く吸っていた時は、二十代の時に一日3~4箱(60~80本)吸っていた時期があります。それだけ多く吸っていたのは、記憶は曖昧ですが一年間程度だと思います。

二十代の間は、それだけ吸っていない時期でも、一日2箱(40本)程度は吸っていた時期が大半だと記憶しています。

30歳を過ぎた頃に結婚しまして、それからは本数が減りましたが、それでも一日一箱で収まる時はほとんどなく、30本前後は吸っている日がほとんど、という感じで現在まで過ごしてきました。

以下、今回の禁煙に際することを記します。

もの凄い効果のニコチンパッチ

今回の禁煙では、いわゆる「ニコチンパッチ」の力を借りたのですが、これの威力は絶大だと感じました。

と言うのも、今から十五年ほど前にも、手術と入院を控えて禁煙をしたことがあるのですが、その時はパッチなどの補助剤は全く使用せず禁煙したのですが、最初の何日間かは、いわゆる離脱症状でかなり辛いものがありました。

しかし今回は、もちろん心理的な「タバコを吸いたい」というような気持ちを消すことは出来ないのですが、いわゆる「ニコチンパッチ」のお陰で生理的な離脱症状はほとんど感じずに済むことが出来ました。十五年ほど前の「何も補助剤を使わない禁煙」と比べると、本当に「もの凄い差」だと思いました。

なお、本来の使い方であれば私の使用しているパッチは二ヶ月ほどにわたって使用する前提なのですが、三日ほど使って初期の辛い離脱症状を抑えながら過ごしながら、以下に記す心理的な「タバコを吸いたい」という気持ち自体は絶対に抑えられないと確信したこと、及びパッチをやめたからと言って今更強い離脱症状が起きるとも思えなかったことから、三日ほどでパッチの使用は辞めました。

それで特に問題は起きずに、下のほうで述べる「ブレークスルー」に至ります。

心理的な「タバコを吸いたい」という気持ちは抑えられない

上で述べたように補助剤で離脱症状の度合いは大きく抑えられていると思う反面、例えば朝起きた時や食事の後や、コーヒーやお酒を飲んだ時や、一仕事終わった時、その他にも本当に様々な場面で「仕切り」を入れる(気持ちをリセットする)為にタバコを吸っていたという事実を改めて実感しますし、また禁煙後においてそういうタイミングで心理的に「タバコを吸いたい」と思う気持ちは、補助剤があろうと何だろうと全く抑えることは出来ない、ということを実感した次第です。

甘いものを食べまくって感じた「気持ち悪さ」と「ブレークスルー」

禁煙して一週間ほどは、飴やチョコレートなど甘いものを食べる頻度が極端に上がりました(もともとは滅多に食べない人間でした)。

一週間ほど経った際に、もの凄く気持ち悪くなって、その時に「甘いものの食べすぎ」に気付きました、口の中が常に甘い感じになっていること、及びそれが原因で基本的に食事が(普段より)美味しくないことに「明確に気付く」という瞬間がありました。

すると不思議なことに、その時に「タバコの『代わり』として甘いものを摂っている」ということの異常性というか、「あれ、やっぱりオレ、なんかおかしいわ」という気持ちを同時に抱きまして、その後には飴やチョコレートも一切欲しく無くなりました。

そして、それが欲しく無くなったからと言って「タバコが吸いたい」と今までより強く思う訳でもなく、むしろそのように感じることが少なくなっている(平たく言えば「タバコのことを思い出す」ことが減っている)ことにも気付きました。

現在禁煙して十日目ですが、現在の状況は大体上記のような感じです。

おわりに

やはり、手術や入院など「禁煙すべき強制的な理由」があるほうが、禁煙というのは楽なものかも知れないと、今回改めて思いました。

あと、心理的な部分は自分で解決するしかありませんが、生理的というか身体的というか、そのような部分での離脱症状を抑えるのに、いわゆるニコチンパッチなどの補助剤の効果と言うのはかなり大きいのだろうと思いました。

また、今ではタバコのことを思い出す(考えてしまう)機会はかなり減りましたが、それでもまだまだ「タバコを吸いたい」という気持ちは残っているように思いますし、退院後にはタバコを復活したいという気持ちも少なからず残っているというのが、現時点での偽らざる心情となります。