読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

「リア充アピール代行サービス」の意味が分かる部分と分からない部分

以下の記事を読みました。

news.livedoor.com

はじめに

以下、「リア充アピール代行サービス」関連に関して否定的なことも記しますが、このサービスを提供されている方(会社)や利用者の存在を否定したり非難したりする気持ちは全くありません。

このサービスに限らず、私に限って言えば「こんなサービス全く必要ない」と思うけれど世の中には一定数の需要があるサービスは多数ある訳であり、それが自分の価値観と合わないからと言うだけで、公序良俗に反するなどしている訳でも無いのに「存在自体を否定したい」などと思うような気持ちは全く無い、というような意味です。

最初にお断り申し上げます。

根本的に感じる疑問

これはそもそも論として、利用者の存在というか需要そのものに対する疑問なのですが、「本来の自分とは異なる自分をアピールする」ことに何の意味があるのかな?と率直に疑問に感じます。

承認欲求という言葉がありますが、それは確かに私にもあるように思います。例えばブログで文章を書くことも、その内容に共感して頂いたりして「承認」されたいというような思いが、心の奥底には必ずあるものだと思っています。

が、それは私が正直に思うことを書いて共感して頂くからこそ「承認」されたと欲求が満たされるのであって、自分が思ってもいないような事柄を書いて、例えばその記事が大きく取り上げられたりして多く閲覧されたとしても、そもそもそれは「自分の思いとは異なる内容」なのだから、嬉しくも何とも無いと率直に思う訳です。

同じように、例えば私生活の状況を写真や文章でアップすることにより「承認欲求」を満たそうとする行動自体は(自分がやるか否かは別として)十分に理解出来るのですが、その内容を身の丈以上に「リア充アピール代行サービス」などで割り増しして、それで例えば「イイね!」の数や閲覧数等が増えたりしたとして、それで何が嬉しいんだ?という部分が根本的な疑問となります。

それを提供する会社はそもそもそういう「需要」があるので存在するのでしょうし、その内容が公序良俗に反しているなどしていない限りは「需要」を満たす為のサービスを提供しようと会社を興すことは社会経済(景気)を考えると全くおかしなことでは無いように思いますので、そういう会社が存在することに疑問を感じるというよりかは、そもそもとしてその「需要」の存在に、上で述べたような疑問を感じる、という意味となります。

何とか理解してみる(その1) 「虚像を演じて評価される」という承認欲求

そのような需要の存在する意味を自分で何とか考えてみました。

もしかしたら、本当の自分の姿で無くとも、役者が役を演じるように、自分というものを題材としてSNS上で架空とも言える「リア充な人」を作り出し、それで多くの評価が得られれば、それを「作り出した」人間としての承認欲求が満たされる、というような話なのかも知れないと思いました。

もう少し平たく書くと、評価されている対象が「本当の自分」なのかどうかはあまり問題ではなく、単にSNS上での「イイね!」等の数が増えることをゲーム感覚で楽しむという感覚です。

ただ、「自分とは全く別人」の写真などで嘘を付いて評価をされても嬉しくも何とも無いでしょうから、その評価の対象が「リア充具合などには虚構が混じるが、人物自体は本当の自分」であることがポイントだという意味で「役者が役を演じるよう」な感覚なのかも知れないと思いました。

評価をする人の側から見れば相手は「本当の姿」だと思っているでしょうから、「騙している」という意味で倫理的に問題があるようにも思いますが、上のように考えれば何とか「意味は理解出来るかも」と言うような意味となります。

何とか理解してみる(その2) サービス自体を「楽しむ」

リア充アピール代行サービス」と言うのは、最終的には「写真などを撮って、SNSにアップする為」なのかも知れませんが、そのサービスを受けている最中というのは、お金を介しているとは言え、サービス会社の人と友達のように振舞って写真を撮ったり何かを食べたりする訳ですから、もしかしたらそのこと自体が純粋に「楽しい」と感じる人も居るのかも知れないな、とも思いました。

もしくは、どのような写真を撮っていけば「イイね!」の数が増えるか等に思いを馳せながらサービスを受けている最中はそれ自体が楽しいのかも知れないな、とも思いました。

おわりに

上で「何とか理解してみる」として書いた二つは、私自身は全くそのようには思わないのですが、「リア充アピール代行」という需要を肯定化する為に何か理由が付かないかと敢えて理屈を考えたら、という類の話となります。

私自身は現在は結婚しており子供も居ますが、独身時代は絵に描いたような「非モテ」「非リア充」でしたが、多分当時にSNSや「リア充アピール代行サービス」というものがあっても、利用することは無かっただろうと確信的に思う訳ですが、それは私自身はそのような部分が「充実している」こと自体にあまり価値を見出せないからなのですが、それは私に限った話なので、世の中にはそういう部分が「充実する」ことを望みながらも諸般の事情で「非リア充」だという人も恐らく一定数居るのだろうな、という点も今回改めて思いました。