kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「私にしか出来ない」(他の人では代わりが出来ない)仕事をする、ということの意味

(2017/04/19追記:PCにて見栄えなど修正しました(追記終わり))。

本日も入院中の病床より更新致します。手術の後遺症である「めまい」は、昨日よりも少し良くなった感じですが若干という感じです。

最初に書きますが、以下、フリーランスの立場で記していますが、本質的な部分はサラリーマンでも似たようなものなのだろうと思っています。

さて、いつも書いています通り、私は仕事を自営(フリーランス)でやっていますが(現在九年目)、サラリーマン時代も大差は無かった話なのですが、現在のフリーランスの身として「仕事を失わないように」(=いつまでも仕事の依頼が途切れないように)する為に心がけていることがいくつかあります。

一つは相手の満足度が高くなるような「良い仕事」をするという点で、これは極めて分かりやすい話のように思います。「間違いの少なさ」「時間の早さ」「説明資料の丁寧さ」と言ったようなものです(もちろん他にも山ほどあります)。

もう一つ、同等かそれ以上に大切に考えているのが、「私にしか出来ない」(他の人では代わりが出来ない)仕事をするというものです。

この部分は詳しく書けないのですが、仕事の依頼のされ方や内容、金額(単価)などから考えて、そのような部分もかなり評価されているという実感があります。

※ ※ ※ ※ ※

が、ではその仕事に関しては私が居なければ、真の意味で「絶対にダメか」と考えたら、それは有り得ないでしょう。

現に、今回の入院の原因の病気が発覚するずっと前から長期でやっていた仕事で終わり切れないものは、他社さん(よく知っている同業者さん)に引き継いでもらいました。

手術の予後が良ければ「少し(1ヶ月ほど)休む」感じで仕事を手放す必要までは無かったのですが、予後が悪ければ長期間復活出来ない可能性もある訳ですし、今回の病気の内容を考えれば予後が悪い可能性だって普通に有り得ると思ってましたし、にも関わらず仕事を手放さないまま手術を受けるなんて無責任だと思いましたので、顧客にその旨を話し、同業者さんに引き継いでもらったのでした。

そんな訳で、仕事や何かに関して「オレが居なければダメだろう」なんて本人が思い込んでいたとしても、大抵のことは「居ないなら居ないで、何とかなる」場合がほとんどなのだろうと今回改めて思いました。

※ ※ ※ ※ ※

ただし、「もし予後が良かったら5月頃から」という感じの仕事の話が入院前に既に何件かありましたので、それはフリーランスの身として「仕事が途切れることなく稼いで食っていく」という観点からは大変有り難い話ですので、常日頃において「私にしか出来ない(他の人では代わりが出来ない)仕事をする」と意識し工夫し努力することは大切なのだろうと、それは今でもその通りだと思っています。

そして、そういう仕事をやっているという意識の下に、出来るだけ仕事に穴を開けず納期を守るなどをずっと実践していれば、必ず「見ている人は見ている」のだろうと思います。

そして、それでも「どうしようもない」ような、それこそ例えば手術入院が必要な病気が発覚した時くらいは、「こんな時くらいは仕事は残った人たちで何とかしてくれるだろう」と甘えて良いように思いますし、そういう時限定でそこに甘えても、常日頃の「甘えを一切感じさせないプロの仕事」の実践の継続がベースにある限り、仕事の「信用」は簡単には途切れないのだろうと思いますし、そういう観点からも「常日頃の仕事に対する姿勢」は大切なのだろうと改めて思いました。