読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

フリーランス九年目の私が「サラリーマンを辞める」意味を考えてみた。

(2017/04/19追記:PCにて見栄えなど修正しました(追記終わり))。

本日も入院中の病床にてケータイより更新致します。

パッとしないサラリーマンが独立すればパッと出来るのか?

サラリーマンなんてやっていても、売り上げたお金の大半は会社に搾取されるし、忙しいばかりで時間的な余裕は無いし、自由も無ければ面白みも無いし、ありきたりの人生だし、良いことなんて何もない!

なんて言いながら独立自営なり起業なりしてみても、成功することは(もちろん可能性としてゼロでは無いが)難しいケースが多いのでは無いか?と個人的にはそのように思います。

何故なら、独立自営なり起業なりして成功出来るような才覚の持ち主なら、立場がサラリーマンであっても、「サラリーマンにも関わらずあんなに自由に(広い裁量を与えられて)仕事が出来るのか」「学歴とか会社の規模からは考えられないような年収だね」みたいに周囲からは思われるようなサラリーマンになっているように思いますし、間違っても「ありきたりな、パッとしないサラリーマン」には成り得ないように単純に思います。

なんせ会社から見れば、辞めて同業で開業されたり同業他社に転職されたりしたら「脅威の敵」になる人間である訳ですから、「搾取の対象」みたいな扱いには成り得ないように思うのです。

そして、実際に独立自営なり起業なりして大きく成功している人の大半は(と言うかほとんどは)そういう「サラリーマン時代から優れていた人」なのだろうと、個人的にはそのように思っています。

優先されるべきは「顧客の都合」

世の中の「需要」に対してサービス等を提供出来る技術等を持っているとして、需要を発し金銭を支払ってくれる「顧客」にとっては、サービス提供者がサラリーマンなのか何なのかなど「どーでもよい話」で、勘案するのは値段とか、サービスを受けたい時にすぐに受けられるか(どれだけ待たされるか)とか、当たり前なのですが「顧客の都合」の話になります。

従って、例えば「サラリーマンとして働くよりも、独立したほうが、顧客に対して質の高いサービスを、もっと安く、もっと早く提供出来るハズだ」と考えて独立自営なり起業なりして、そしてその通り実践できれば成功出来るでしょうし、逆に顧客のこととか、そもそも需要があるのかとか、そのようなことを深く考えずに甘い見通しで、「とにかくサラリーマンを辞めたい」みたいな自分の都合で独立自営なり起業なりしてみても、それが失敗に終わってしまっても「当たり前の話」なのだろうと、個人的にはそのように思っています。

ギリギリ一人で細々と食っていく意味

大した需要が無くても「一人で細々と食っていく」程度なら稼げるからとサラリーマンを辞めて独立する人生はアリなのかも知れません。

ただし、いつも書きますが基本的に収入と、その人の納税額は比例関係にありますので(累進課税なので比例以上です)、税金というのが医療や国防など極めて大切な公的サービスの原資であることを考えれば、「一人で細々と食っていく」程度しか稼げず納税額もミニマムの人が、普通にサラリーマンをして平均的な所得を稼ぎ平均的に納税している人に対して「いつまでサラリーマンなんてやってるの?」的な目線で何か言ったりするのは、少し違うかな?と個人的にはそのように思っています。

おわりに(私の場合)

と、何となく「サラリーマンを辞める」ことに関して否定的に聞こえたかも知れませんが、なんせ私自身がフリーランスになって既に九年目ですので、「サラリーマンを辞める」生き方を否定したい気持ちは全くありません。

ただ、安直な判断、甘い見通しで「大して仕事も稼ぎも無い」みたいな状況に陥ってまでも「サラリーマン」というのは無理して辞めるべき生き方なのか?と考えると、個人的にはそのようには思いませんし、サラリーマンとフリーランスのどちらが上とか下とかそのような考えも全くありません。

もちろん自分の性格にはフリーランスのほうが合っていて変なストレスも無いのですが、それ以前の大前提として、

・サラリーマンの時よりも稼げている

・仕事の特性上、当方がフリーランスでも顧客に不都合は何もない

から続けている訳であり、社会情勢の変化により上の前提が大きく崩れるようなことがあれば、それは私の働き方も「見直しの対象」になるのだろうと思っています。