kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

息子が見舞いに来てくれて、一週間ぶりに会って思ったこと

(2017/04/19追記:PCにて見栄えなど修正しました(追記終わり))。

本日も入院中の病床にてケータイより更新致します。

手術をしてから一週間ほど経ちました。手術以降、妻は毎日来てくれていますが、息子は学校があるので来ていませんでした(現在小学四年生)。ちなみに自宅と病院はけっこう遠く、クルマで渋滞が無くても一時間程度、混んでる時は一時間半ほど掛かります。難しい手術ということで、「大阪府下ならここでしょう」みたいな一択という感じで紹介された病院なのです。

で、昨日は日曜日だったので、妻と一緒に息子も来てくれました。

「大きな手術を受けた」という特殊な環境ではありましたが、息子と会って居なかった「期間」としては一週間ほどでしか無かった訳ですが、それでも顔を見た時は「やっと会えた」みたいに思いました。

それは、普段の私はフリーランスで自宅で仕事が出来ているので、どれだけ仕事が忙しい時期でも息子とすれ違い生活になってしまい顔を合わさないみたいなことは全く無いし(原則的に夕食は皆で揃って食べます)、また当然ながら転勤(単身赴任)等もありませんので、すなわち「息子と(妻とも同じですが)毎日顔を合わし会話をすることが、当たり前」の日常を送れていることの証左であるように思えました。

家族との距離感についてどの程度が心地よいのかは人それぞれなのかも知れませんが、私は普通に毎日会話や食事をしたいタイプですので、フリーランスの仕事が順調で上で述べたような生活を送れていることの有り難さを再認識した次第です。

※ ※ ※ ※ ※

息子が私と遊ぼうと持参したのが、ドラえもんボードゲームでした。日本地図上での「すごろく」みたいなやつの、小さい判のほうです。

と言う訳で、術後の後遺症はかなり改善したとは言え、まだ真っ直ぐ立って歩けないほどの「めまい」は残っているのですが、頭が大きく揺れないように注意しながら、息子とゲームで遊んだのでした。さすがに二回目は勘弁してもらいましたが(笑)。ちなみに部屋は個室です。

※ ※ ※ ※ ※

そのゲームですが、息子がまだ幼稚園児だった頃に、私が買い与えたものです。

その頃はよくショッピングモールなどに行った際に、妻には一人でゆっくり買い物をしてもらって、私は息子を連れて二人で何か食べたり公園に行ったりして過ごす、というパターンが多かったのですが、そんな際にこのゲームを買ったのでした。

息子も今では既に小学四年生ですので、このゲームを買ってから何年もの月日が過ぎている訳ですが、それでもこんな時に息子が自ら思い出して持参してきてくれた訳ですから、そのことに関しても率直に嬉しく感じました。