読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの男です。色々と思ったことを記します。

「サラリーマン」「フリーランス」というのは「立場」の違いに過ぎない。

(2017/04/19追記:PCにて見栄えなど修正しました(追記終わり))。

本日も入院中の病床にてケータイより更新致します。

「立場」と「仕事内容」は別

永遠に「サラリーマン」なんて嫌だ。いつか独立して「フリーランス」になりたい!

と考える人が居たとして、この意見は「立場」(働く上でのたち位置)に言及しているだけで、「仕事」そのものの内容には全く言及されていません。

あなたの仕事は「サラリーマン」?

新卒でも中途でも、「サラリーマン」(正社員)になりたい人が居たとして、面接で「どんな仕事がしたいのか」と聞かれて、「サラリーマンがしたいです」なんて答えたら、相手からしたら「?」となるような気がします。

上記は少し極端ですが、例えば中途採用の面接で、「安定した給料や立場が欲しい」などと訴えても、私が聞く側だったら「それは完全にあなたの都合を述べているだけで、あなたがウチの会社に入って(もしくは社会という枠組みの中で)何が出来るのか何も言ってない」と感じるだろうと思います。

「私はこういう仕事が得意でして、また性格的には安定思考なので、正社員の立場としての落ち着いた環境のほうが向いており、そういう環境でこういう仕事をさせて頂けたら、最低でもこれ程度の生産は可能と考えています」

みたいな言い方が、「立場」を意味する「サラリーマン」(正社員)を目指したい気持ちと、実際に自分が手を動かす「仕事」の両方を意識した言い方なのだろうと思います。

相手が欲しいのは「仕事」をする力

上では「サラリーマン」を例に書きましたが、逆に「フリーランス」でも根本的には全く同じ話だと思います。

最終的に商品やサービス等を受け取りお金を支払ってくれる「顧客」からしたら、その生産者が「サラリーマン」なのか「フリーランス」なのかなど基本的には「どーでもよい」話であり、原則的に求められるのは「仕事をする力」であることは自明であるように思っています。

フリーランスを目指す場合の話

上で述べたことを踏まえると、「フリーランス」を目指す場合というのは、サラリーマンから同業で転身するのか、もしくは全く別の仕事を始めるのかを問わず、

(1)その仕事を一人でこなせる技術が自分にあるか
(2)自分と顧客を結ぶプラットフォームが構築出来るか(既存である場合は参入出来るか)
(3)絵空事ではなくリアルに考えた時に自分に対する「需要」が想像出来るか

とか、他にも色々思案した上で、自分の特性を考えたら、サラリーマンとして同じような仕事をした場合と比べて最低でも同等かそれ以上の生産物(サービス)を顧客に届けることが出来るからこそ「フリーランス」を目指す、というのが本来的な姿であるように思います。

まあ、それ(サラリーマンとして働いた時の同等以上の生産)は少し理想論過ぎかも知れませんが、平たく言えば「人並み」には稼げる見立てを持って「フリーランス」を目指すのなら普通の社会人の行動だと思いますが、何の見通しも無いのに「とにかく社畜はいやだ」みたいな感じでサラリーマンを辞めてしまって「何か自分でも出来るフリーランスって無いかな?」みたいな感じで進んでも、「人並みには稼げずに終わる」という結論に至ってしまう可能性が極めて高いように思いますし、そういう振舞いは社会人としてどうなのかな?と個人的にはそのように思います。

おわりに

以前にも書いたことがありますが、私は現在のフリーランスになる前は小さな事務所に勤めてましたが(歩合制みたいな感じでかなり高給でした)、ある夜に酒に酔ってその勢いで妻に「辞める」宣言をして翌日に辞表を出しましたが、そんな私でも上記(1)~(3)くらいは「確信」を持って判断しています。

それでフリーランスになり、現在は九年目ですが、ずっと順調に推移しています。