読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「楽しく計算の勉強」と思って買った「人生ゲーム」も四年目に突入した話

何ヶ月か前に、以下の記事を書きました。

t-kazu-t.hatenablog.com

上の記事で書いている通り、この「人生ゲーム」は息子が小学校に入る直前の頃に、「お金の計算の勉強」を楽しく学べるように、というような目的で購入しました。

細かい部分は上の記事で書いたので今回は省略しますが、実際に遊んでみると、基本である「繰り上がり、繰り下がりのある足し算、引き算」の他にも、簡単な掛け算、両替、マイナスの概念などが登場し、算数の勉強の「補足」としても非常に役立ったのではないか?と思っています。

息子は現在小学四年生ですが、自宅勉強で少し先をやっていることもあり(算数検定7級(小学5年生レベル)に合格していて、そろそろ6級を受けようか、という段階)、上で述べた「人生ゲームでの勉強の側面」の部分は「勉強」としてはもう不要なのかも知れませんが、なんせ「ゲーム」としても息子にとっては非常に面白いようで、購入して既に四年目に入り、お札を立てる箱などかなり傷んでいるのですが(相当の回数をやっている為)、今でも現役です。

上の記事を記した頃から何ヶ月かは、私の仕事が超繁忙期だったり、それに続いて手術、入院があったりして「人生ゲーム」では遊べて無かったのですが、先ほど何ヶ月かぶりに息子に誘われまして、久しぶりに遊んだのでした。

親の私としても、小さな頃に買ったゲームを子供が気に入って、長年一緒に遊べていることに関して、大変嬉しい気持ちです。