読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

フジテレビの「とくダネ!」での「祝 脱・独身」の垂れ幕の件で思ったこと

はじめに

以下の記事を読みました。

headlines.yahoo.co.jp

私は基本的にテレビは全く見ないので(そうなってから既に十年ほどになります)、もちろん今回の放送も見ていませんし、上記記事などで概要を知っただけですし、今後もこの番組を見ることはまず無いと思いますので、思ったことを簡単に短めに記します。

「独身」を脱したいと思っている人に対して「祝 脱・独身」は正しい

他の記事も読んでみると、この女性は「結婚して独身を脱したい」という思いがあったのだと思ったのですが、仮にそれが本当であれば、「独身を脱したい」と思っている人がめでたく独身を脱することになった訳だから、その人に対して「祝 脱・独身」と掲げるのは基本的に正しいように思います。

ただただ、「公共の電波で放送するな!勝手に身内でやれ!」という話

例えば派遣社員で仕事を続けている人が、本人は正社員になりたいと思っていたとして、その人が正社員になれた暁には「祝 脱・派遣」と仲間が祝うのは全くおかしく無いと思います。

ただ、それは身内で祝えば良い話なのであって、世の中には「派遣という生き方」を肯定的に捉えている人や、逆に不本意に派遣を続けているけどどうしても脱することが出来ない人など、様々な人たちが存在することは簡単に想像出来ますので、単なる「身内の祝い」(=公共性など何も無い)の為の「祝 脱・派遣」という文言を、テレビ放送という「公共の電波」で安直に流すのは、決定的におかしいように思います。

今回の「祝 脱・独身」も全く同じ話であるように思いました。まさに、

「公共の電波で放送するな!勝手に身内でやれ!」

という話なのだろうと率直に思いました。

おわりに

以上、「祝 脱・独身」の垂れ幕に関して思ったことを簡単に記しました。