読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

【今まで所有したマツダ車】 (4)アテンザワゴン(GH系25S)

はじめに

若い頃は走行距離が多かったこともあり(年間平均約2.5万km)、中古車を買って2年程度で乗り換えていましたが、三十歳が近づいた頃にせっかく思い立って新車を買い、しかもそれがマツダ車でマツダファンになったにも関わらず、それから三台も「迷走」してコロコロと乗り換えてしまって、やっと落ち着く先に行き着いたのが、マツダ車四台目(四台連続です)となるこのクルマとなります。現在九年目に入ったところですが、まだまだ乗り続けるつもりです。

・車名:アテンザSportWagon 25S
・型式:DBA-GH5FW
・色 :ベロシティレッドマイカ
・年式:平成21年 4月式
トランスミッション:6MT

・納車前にサス交換 (オートエグゼ製スプリング) 30mmダウン
・納車直後にホイール交換  (ヨコハマ クロイツァーⅩi) 17インチ 7.5J シャインシルバー

f:id:t-kazu-t:20170424000304j:plain

やっと「理想のクルマ」にたどり着いた

別のページ(当カテゴリーの(1)台目~(3)台目のページ)で述べてきた通り、これまでの「迷走」は、せっかく新車で買えたのに自分の特性を深く考えず安直にオートマ車を買ってしまったり、その次にMT車に買い換える時は既にMTが廃止され新車では買えないので中古を買うことになりタマ数の関係から(MT車の中古はタマ数が非常に少ない)、好きな色やボディタイプが選べなかったり、と言った内容でした。

それでこのアテンザに行き着いた訳ですが、改めて考えると上記で「迷走」してしまったような部分をこのクルマは以下のように全て満たしています。

・新車で買っている。
・ボディカラーは一番好きな「赤」を選べている。
・このアテンザの中ではワゴンが最もカッコ良いと思っておりそれを選べている。
トランスミッションもMTである。

下で述べるような理由もありますが、上記のような大前提を満たしているから、長く乗るに至ったのだろうと改めて思っています。

所有し続けるほどカッコ良く見えてきた

購入当初からそこそこカッコ良いとは思っていたのですが、何故だかこのクルマは、所有し続けるほどにカッコ良く思えてきまして、その内に「このクルマよりカッコ良いと感じるクルマは無い」と感じるようになりました。

これは大げさでも何でもなく今でもそのように思っていて、高価なクルマでも輸入車でも自分のクルマよりカッコ良いと思えるクルマは今のところありません。

このアテンザも随分前に現行型へモデルチェンジしましたが、その現行型よりも自分のアテンザのほうが明確に好みですし、次の(5)台目ページで紹介するように現在はセカンドカーとして現行(BM系)アクセラ20Sも所有しているのですが、それよりもこのアテンザのほうが明確にカッコ良いと自分では思っている訳です。

このように感じるようになって随分長い訳ですが、若者の頃の中古車時代も上記の「迷走」時代も2~3年でコロコロとクルマを乗り換えていたことを思うと、凄い変わりようだな、なんて我ながら思います。

f:id:t-kazu-t:20170423225617j:plain

息子の思い入れもあるクルマ

このクルマは息子が一歳半の時に買いましたので、息子にとって記憶に残っている範囲では「父親のクルマ」はコレ一台ですし、まさに「息子の成長と共にあるクルマ」です。下の写真は当時の息子が写っているものですが、その息子も今では小学四年生です。

f:id:t-kazu-t:20170424001759j:plain

息子が幼稚園児の頃に、このクルマの乗り換えを、そこまで真剣ではありませんが考えたことがありました。理由は毎回同じで「クルマの横幅が大きすぎたかな」というものです。当時住んでいたマンションの周辺は狭い路地が多かったのでした。

そんな話を妻としていたら、横で聞いていた幼稚園児の息子が「アテンザを手放したらアカン!」と泣いて訴えてきたことが何度かありました。

「ああ、このクルマは私も思い入れがあるが、息子にとっても思い入れがあるクルマなんだな」と改めて思いましたし、それは「クルマ好きの父親」として、非常に嬉しくも感じました。

その内に自分の思い入れが強くなり過ぎて「手放そう」などと思わなくなり、また引越しをして自宅周辺に狭い路地も無くなりまして、現在に至ります。

おわりに

このクルマはMT車なので妻は運転出来ないので(免許はオートマ限定は解除しているのですが、MT車の運転はやっとこさ出来るという感じで危ないと思うので控えている)、息子の活動が活発になり始めた頃からは主に妻が運転する為のセカンドカーのオートマ車を用意し二台体制としています(ちなみに妻はMT操作が苦手なだけで、その他の操作や駐車、安全確認等は普通に上手いと思います)。

そのセカンドカーは他社製の時もあったのですが、現在はセカンドカーもマツダ車となっていまして、現行(BM系)アクセラ20Sとなっています。