読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「結婚しなくても幸せになれる時代」は本当か?

はじめに

少し前の話題なのですが、以下の記事を読みました。

www.j-cast.com

最初に書いておきますが、ゼクシィの以下のキャッチコピー、

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」

を批判したいとか、そういう気持ちは全くありません。どのような立場の人も否定していないという意味で素晴らしい、というような論評に関しても、基本的に異論はありません。

その上で、「私個人」に限って言えば、という観点で以下を記します。もしかしたら私と似たような考え方で当てはまる方も居られるのかも知れませんが、そういう方が世の中に居られるかどうかは私には分かりませんので、とりあえず「私に限った」話として記します。

ちなみに私は45歳男性で、十五年ほど前に結婚した既婚者です。

「結婚しなくても幸せになれる時代」とは決して言えない

これは私が「結婚したい」と考えていた時代が約十五年以上前だから、という訳ではなく、仮に当時の独身時代の私が過ごしていたのが十五年後の「現在」であったとしても同じなのですが(すなわち少し昔なのか現在なのかを問わず)、私個人に限って言えば「結婚しなくても幸せになれる時代」とは決して言えないと断言出来ます。

理由は単純で、私は「どうしても結婚したい」と考えていたからです。すなわち、「この相手と結婚したい」と相手が先にある訳ではなく、誰が相手であってもとにかく「結婚をした人生を送りたい」と強く考えていた訳です。

「結婚」の意味は、籍を入れる入れないというような意味ではなく、子供の有無は別として、「一人っきりで生きていくのではなく、誰かこの人と決めた相手と、一生を共に平穏に過ごしたい」というような意味です。相手の候補なんて全く居ない若者の頃から、そのように考えていました。

「幸せになれる」という文言は、けっこう曖昧だと思いまして、例えば私のように「絶対に結婚したい」と思っている人間が結婚出来ずに終わったとしても、その他の例えば仕事で成功するとか色んな要素で「結婚は出来なかったけど、その他も全て含めるとそこそこ幸せな人生だった」という意味では「結婚しなくても幸せになれる」というフレーズはその通りなのかも知れません。

が、そうではなくて「結婚出来ても出来なくても、同レベルの幸せを感じることが出来るのか」というように考えると、最低でも私のように、相手は誰であれ「絶対に結婚して、そしてその結婚相手と平穏に一生を共に過ごしたい」と考えている人間にとっては、決して「結婚しなくても幸せになれる時代」とは言えない訳です。

それは極めて単純な話なのだろうと、自分ではそのように思っています。

いわゆる「リア充」の論理に聞こえる

結婚してもしなくても幸せな人生が送れると言われた時に、「結婚しなくても幸せな人生って、どんな人生なのだろう」と私なんかは率直に思います。すなわち、仕事だけは現在だけでなく独身時代も充実していたと思いますが、その他の大半が何も充実していない、いわゆる「リア充」とは正反対の人間であったが故に、「せめて結婚だけは」なんて強く考えていたようにも思うのです。と言うよりも、仕事と結婚以外の部分に(全くではありませんが)あまり意義を見出せない人間である、と言うほうが正しいかも知れません。

逆に、いわゆる「リア充」の人なら結婚をしなくても楽しく幸せな人生なのかも知れませんし、少し皮肉っぽく言えば、そのようなタイプの人だからこそ「結婚しなくても幸せになれる時代」と肩の力を抜いていても、自然と結婚相手と知り合い、そして結婚に至るのかな、なんて思ってしまう訳です。

そして、私はそのような立ち位置とは正反対に居たのであろうと我ながら思うのです。

そんな私が結婚出来た訳

上のようなことを書いていて、自分でも思うのですが、「ひねくれ者」というか「変わり者」というか、自分でもそのように思います(ただし今回は詳しく書きませんが、決して自分を卑下している訳ではありません)。

そして、このような私、すなわち「リア充」とは正反対で交友関係も極少で、モテた経験も一度もなく、二十代後半まで「彼女居ない歴=年齢」だったような男が、それでも三十歳の頃に一念発起し、必死になって「結婚」相手を探し、そして妻と知り合い結婚し、その結婚生活を大切に思いながら、それから十五年近く、ずっと平穏に過ごすことが出来ているのは、もちろん「運」という要素もあるとは思いますが、基本的には、

「結婚しなくても幸せになれる時代」なんて決して思っていなくて、「絶対に結婚して、そしてその結婚相手と平穏に一生を共に過ごす」というような人生を送りたいと自ら強く願っていたから

だと、私はそのように考えています。

おわりに

冒頭でも記しましたが、ゼクシィのキャッチコピーを批判したい気持ちは全くありません。またCMのキャッチコピーである訳ですから、「特殊なケース」全てに当てはまるなんて不可能であり、世間の平均的な人々に対して好感が得られるような内容のほうが良いのだろうと思いますし、そのような意味でこのキャッチコピーは「素晴らしいのだ」という意見に対しても全く異論はありません。

ただ、私自身はそのような「平均」とは大きくズレていることもまた事実であり、そしてこれは結婚には限らない話なのですが、「今の時代の普通は」よりも「本当に自分の望むものは」を突き詰めて考えてきたからこそ、現在の幸せな生活があるのだろうと、私に限って言えばそのように言えるのだろうと考えています。