読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

シートベルト・チャイルドシートは装着したほうが良いと改めて思わせられた事故のニュース

ニュース記事で見た内容と思ったこと

実名が出ていたので記事の引用まではしないのですが、以下のような事故の内容のニュース記事を目にしました。

・軽自動車が道路脇のガードパイプに衝突。
・ドライバー(高齢女性)は助かったが、助手席の高齢女性と二歳児は亡くなった。
・助手席の高齢女性が二歳児を「膝に乗せて」助手席に乗っており、その二人が亡くなった格好である。

これは私の想像ですが、たぶん高齢女性自身もシートベルトは未装着だったのかな、と思っています。

また、テレビニュースのネット記事を見たところ、事故車両や事故現場の映像がありましたが、それを見る限り以下のようでした。

・事故車両に関して、ボンネットは大破していたが、人が乗る部分に関してはほとんど潰れていないように見えた(ボンネットの潰れが前席まで大きく及んでいるようには見えなかった)。
・衝突したガードパイプはなぎ倒されていた訳ではなく、支柱はほとんど傾かずに残っていて、柵の部分が少し曲がっている程度であった。

以上のようなことから、これも私の想像ですが、もの凄いスピードが出ていたという訳では無いように思いました。

もし、同乗者がシートベルトをしていたら、特に二歳児のほうは安全を考えたら当たり前の乗り方である「後部座席にチャイルドシートを装着した上で乗る」を実践していれば、命を落とすようなことは無かったのでは無いのだろうか?と思わずにはいられませんでした。

シートベルト、チャイルドシートに関していつも思うことのまとめ

以前にも似たようなことを書いたかも知れませんが、シートベルト、チャイルドシートに関して改めて思ったことを以下にまとめます。

・「ちょっとした時間(距離)」であるから装着しなくて良い、ということにはならない。何故なら事故が起きた際の「衝撃の大きさ」と、「ちょっとした時間(距離)」であることは無関係だからである。

・今回の事故のように、ドライバーは普通に助かっているのに同乗者が亡くなっている事故のニュースを見ることが多い気がする(その反対はあまり見ない気がする)。ドライバーは「シートベルトを装着する」風潮になって久しいが、逆に同乗者は(特に後部座席は)「まだまだ装着しないことが多い」ことが関係しているように感じられる。

・どちらにしても、シートベルト、チャイルドシートを装着する手間や所要時間など「ほんの僅か」なので、余程の事情が無い限り、同乗者であっても装着するほうが良いと思う。

・ドライバーの意識としても、余程の事情が無い限り、同乗者にも装着を促すべきだし、同乗者の命が大切なのであれば、「同乗者が装着しない限り、クルマは動かさない」くらいの意識で良いと思う。

以上、冒頭で記した事故の記事を見て改めて思ったことを記しました。