読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「結婚」と「幸せ」の関係 (結婚したい人はとにかく相手を探すべきと思う)

はじめに

記事の引用まではしないのですが、結婚しているかどうかと幸福度の意識調査に関する記事を見たのですが、読み返さずに書いているので不正確だったら申し訳ないのですが、確か「結婚している人」ほど「幸せと答える人が多く」、「結婚していない人」ほど「幸せと答える人が少ない」というような結果でした。

結婚を希望するしない×結婚したしていないの4パターン

その記事を批判したいとか、そういう訳ではないので引用していないのですが、普通に考えると、以下の4パターンがあるように思います。

(1)結婚を希望する→そして結婚した人

(2)結婚を希望する→しかし結婚出来なかった人

(3)結婚を希望しない→しかし結婚した人(諸般の事情で)

(4)結婚を希望しない→そして結婚しなかった人

「結婚出来たかどうか」という観点ではなく、普通に「希望に沿った人生を送れているか」という観点で見れば、結果的に結婚していようといまいと(1)と(4)は普通に「幸せ」であるような気がします。

そして(3)は現代ではあまり無いパターンなのかな、と思います(私が知らないだけかも知れませんが)。

普通に有り得る不幸なパターンは上記(2)

と言う訳で、(2)のみが普通によく有り得ると思われる「希望するが、それが達成出来ずに幸せが感じられない」というパターンであるように思います。

「普通によく有り得る」理由としてよく聞く(すぐに思い浮かぶ)ものが二つありまして、一つは「経済的な理由(結婚生活を送れるほどの稼ぎが得られない)」で、もう一つが「相手が居ない(出会いが無い)」です。

経済的理由のほうは今回は取り上げずに、「出会いが無い」ほうを取り上げます。

「とにかく結婚したかった」私は実際に結婚して幸せである

「結婚願望」って、誰か具体的な相手が居ないと抱かないものなのでしょうか?

私(45歳男性)は全くそうではありませんでした。非モテで二十代後半まで彼女居ない歴=年齢だったような男なので若者の頃なんて相手候補なんて全く居ない訳ですが、それとは別に、長い人生を長い目で見た時に、「いずれは誰かと結婚して、一人ではなく二人の人生を送りたい」と漠然とでも考えていた訳であり、それは若者の頃から(と言うか中学校を出るような頃からかも)ずっとそのように思っていました。

で、(二十代後半に恋愛は経験しましたが別れてしまい)相変わらず相手候補など全く居ない(=女性の知人さえ一人も居ない)状況で三十歳になり、そろそろ真剣に探さないといけないなと思って、真面目な出会いと宣伝している出会い系サイトに登録して、必死になって相手を探して妻と知り合って結婚した訳ですが、それから十五年近く経った今でも結婚して本当に良かったなと思っています。

「とにかく結婚したい」人は必死に相手を探したほうが良いと思う

「結婚だけが幸せじゃ無い」という言説も世の中にはありふれていますが、確かに上記の(4)の「そもそも結婚を希望していない」人にとっては確かにその通りなのでしょうし、もしくは「良い人が居れば結婚しても良いけど、居なければ別にしなくても良い」という人にとってもその通りなのかも知れません。

しかし相手が云々ではなく、人生として「結婚して家庭を持ちたい」と最初から考えている人にとっては、「結婚だけが幸せじゃ無い」という言説、すなわち結婚以外の様々な生き様等を紹介されたところで自分自身は「とにかく結婚したい」訳ですから有用では無いように思うのです。

もしくは、「昔からの風潮に流されて『結婚したい』と思い込んでいるのでは無いですか?」みたいな言説に関しても、確かにそのような思い込みはあるのかも知れませんが、小さな頃から色んなものを見聞きして育ち大人になっても抱いている気持ちが「自分の素直な気持ち」である訳ですから、仮にそれが「世の中の風潮」の影響を受けていたとしても、それを大人になってから無理して変える意味が分かりません。

大人になっても普通に「いずれは結婚して家庭を持ちたい」と考えていた人が、相手が居なかったという理由で結婚に至らなかったとすれば、どのような理由付けをしても必ず「負の感情」が残ってしまうように思います(単純に考えれば)。

と言う訳で、相手は居ないが「とにかく結婚したい」と考えている人が居るとすれば、「出来なくても良い理由」を探す時間があるくらいなら「とにかく相手を探す」ほうが良いと単純に思います。

おわりに

「別に結婚はしたくない」「無理してまで結婚などしなくても良い」等と考える人が一人の人生を選択することに異論は全くありません。念のため最後に申し添えます。