読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

MT車(マニュアル車)なら「踏み間違い事故」が起きにくい、を解説する

はじめに

以下の記事を読みました。

headlines.yahoo.co.jp

記事中に、「NPO法人高齢者安全運転支援研究会の平塚雅之事務局長」という方のコメントとして以下の記述がありました(下の囲みに引用)。

一方でMT車は、一時停止時には左足でクラッチペダルを踏んでいる。そのため、仮に誤って右足でアクセルペダルを踏んでしまっても、エンジンを“ふかす”だけで、急発進することはない

一般的なニュース記事でこのような記述、すなわちMT車であれば仮に停車時にブレーキと間違ってアクセルを踏んだところでクラッチも同時に踏んでいるはずだから空ぶかしになるだけで急発進しない」という記述が出てきたのを初めて見ました。今まで見落としていただけかも知れませんが。

前々から私も思っていたことであり昔やっていたホームページ(既に閉鎖)にも記していたこともあるのですが、今まで同様の意見を見たことが無かったので(見落としていただけかも知れませんが)、上記のような一般的なニュース記事で見かけて少し驚いたのでした。

と、「後出しじゃんけん」みたいな言い方になってしまったので、上記記事では触れられていない、もう少し突っ込んだ部分も以下に記します。

もう少し詳しく解説します

オートマ車よりもMT車のほうが踏み間違いによる急加速が起きにくい原理をもう少し詳しく解説します。

オートマ車の場合、セレクターを「D」に入れっぱなしで完全停止してもエンストなど起こしません。エンストしないように機械が勝手に処理してくれる為です。すなわち、「アクセルを踏み加速する」場合でも正反対の「ブレーキを踏み停止する」場合でもセレクターは「D」のままでよく、言い換えれば加速と減速(停止)の「違い」がアクセルかブレーキかの違いしかなくセレクターが「D」に入っている(=エンジンとタイヤが動力的に繋がっている)状態は変わりません。従って停止しようとブレーキを踏んだつもりが間違ってアクセルを踏み込んでしまうと、急加速してしまいます。

一方、MT車の場合はギアをどこかに入れてクラッチを繋いだ(=クラッチペダルを放した)状態でエンジンとタイヤが動力的に繋がりアクセルを踏めば加速する訳ですが、その状態のままブレーキを踏み完全停止してしまうとエンスト(エンジンが止まる)してしまいます。何故ならオートマのような細工が無いので、エンジンとタイヤを繋ぎっ放しのまま完全停止(タイヤが停止)してしまうと、タイヤのほうがエンジンを止めてしまう訳です。両者は「繋がっている」訳ですから、一方は止まっているのに一方だけ回っていることは出来ない訳です。

エンストさせない為には、完全に停止する前にエンジンとタイヤを切り離してしまう必要があります。従って「クラッチを踏んで」両者を切り離すのです。

すなわち、完全停止する際にはブレーキとセットで必ず「クラッチも踏む」ことによりエンストしないように操作する訳です。従ってMT車に普通に慣れて乗っているドライバーと言うのは、完全停止する為にブレーキを踏み込む際には「無意識に」クラッチも同時に踏んでいる訳です。

以上のことから、完全停止しようとブレーキを踏むつもりが間違ってアクセルを踏み込んだところで、「無意識」にクラッチも同時に踏んでいますので(エンジンとタイヤが切り離されている)、空ぶかしになるだけで加速しない訳です。

なお、エンジンとタイヤを切り離す方法は「クラッチを踏む」他に「ギアをニュートラルに入れる」方法もありますが、「エンジンとタイヤが切り離されているので空ぶかしになるだけで加速しない」という原理は同じです。

おわりに

もう十五年以上前の話ですが、当時の愛車のMT車で、免許を取ったばかりの人に練習の目的で運転させたことがありました。

普通の道は「何とか」普通に走っていたのですが、最後に広い駐車場に入って、邪魔にならない場所で前向き駐車しようとした際に、ブレーキと間違ってアクセルを盛大に踏み込んだことがありました。

MT車でしたのでそのドライバーは不慣れながらもクラッチも無意識に踏み込んでいたようで、空ぶかしだけで済みました。ちなみに塀が前に迫っていたのでそうなった瞬間に助手席から私がサイドブレーキを引いて停止しました。停止直後にそのドライバーは焦ってクラッチを戻してしまいその瞬間にエンストしました。

そのような経験もあり、MT車は踏み間違いによる急加速は起きにくいのではないか、と考えるようになった次第です。