kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

我が家のドラゼミならぬ「ドラプリ」とは!?

我が家の「ドラプリ」とは

最近、算数に関するブログを別に始めたのですが、そこでは現在まで自宅で息子(現在小学四年生)に算数を教える際に作成した問題をベースにブログを書いているのですが、過去に作ったプリントをそのまま公開しているページもあります(例えばコチラ)。

で、公開しているプリントからはもちろん消しているのですが、実際に自宅で息子にやらせていた際の状態では「ドラえもん」の絵が貼ってありました。

思えば、自宅で息子に「5+7の繰り上がりは…」などと算数を教え始めたのは、息子が幼稚園から小学校に上がる少し前の頃でした。

当時は自作のプリントに貼り付けている絵柄も「ドラえもん」だけでなく、当時息子が見ていた他のアニメや戦隊モノ等もありましたが、その内に息子がそれらを見なくなったり(もう少し高学年向けのアニメにシフトしていった)、私が複数の絵柄を用意するのが面倒になったりして(苦笑)、その内に貼り付ける絵柄も「ドラえもん」一本に絞られました。

そしていつしかそのプリントのことを我が家では「ドラプリ」と呼ぶようになりました。確か息子がそのように呼び出したと記憶しています。

自作のプリントだけでなく、市販のドリルをやらせる際もドラえもんの絵柄をシールで貼ったりして、結構な手間ではありました。

少し大きくなればそのような絵柄が無くても大丈夫になるかなと思っていたのですが、三年生の途中くらいまでは絵柄が無いと「ドラえもんが居ない!」と息子は訴えていました。三年生の終わりごろになりやっと絵柄が無くても文句を言わなくなりました。

成長している息子

そのような部分でも成長を見せる息子ですが、算数自体に関しても、上で述べた別ブログの例えばコチラのページで記すような「かなり難しい文章問題」でも落ち着いて取り組めるようになってきました。この手の問題はそれこそ「大人でも方程式を用いずに解くのは難しい」訳ですから、何度やっても分からないという問題があっても良いと思っています。結果としては「分からない」であっても、その難しい問題にきちんと対峙し、例えば10分間なら10分間、紙と鉛筆を使って落ち着いて途中まででも「きちんと考える」ことが出来れば、それ自体が「大した成長」なのだろうと思います。中学受験を目指している訳では無いので、「パターン毎のやり方を丸暗記して満点を目指す」よりかは「一度やり方を忘れたパターンでも、一から考えてやり方を見つけて解く」という行為を落ち着いて行えるようになるほうが極めて重要だと個人的には考えています。

まあ、親としてそのような考え方はある意味「のんき」なのかも知れませんが、上で述べたような「かなり難しい文章問題」であっても七割程度は正答出来る力を息子自身が身に付けてくれているが故に私自身も「のんき」に構えていられるのかも知れません。

なお、息子は天才タイプでも何でもありませんので、上で述べた別ブログの例えばコチラのページで記すような「学校で習う文章問題よりかは少しだけ難しい文章問題」から始めて手順を踏んでステップアップしています。

算数検定6級に挑戦

去年、算数検定を初めて受験し7級で合格したので、今年は6級を受ける予定なのですが(ちなみに算数検定には上記のような「かなり難しい文章問題」は出てこないので算数検定の勉強と上記は全く別の話です)、6級が受かってしまえば次の5級は「中学生の数学」となりますので、今年の6級は「絶対に受かれ」的に気合を入れなくても良いのではないか(当然ながら真剣にやらない、という意味では無い)、と思っています。

おわりに

以上、我が家のドラゼミならぬ「ドラプリ」に関して記しました。なお、ドラゼミ自体は我が家では購読したことはなく、幼稚園の頃から現在までベネッセのほうを購読しています。