kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「懲罰」ではない「勉強」

はじめに

現在小学四年生の息子ですが、算数は自宅で自主勉強をやっていることもあり学校でも比較的得意なようですが、それ以外の教科も特に「苦手」という訳ではありません(算数以外の教科もベネッセによる自宅勉強はしています)。

と言う訳で、どの教科もテストで極端に悪い点数を取ってきたことは今まで無かったのですが、先日、漢字テストで「10点」を取ってきました。10問中、正解が1問だった訳です。

そこで日々の自主勉強に「漢字プリント」を増やした訳ですが、その際に思ったことなどを記します。

何が「問題」なのかを分析し対策を練る

「分析」と言うと少し大げさですが、今回の息子の件でしたら、

・四年生になってからも日々の漢字テストでは普通の点数を取れていた。
・しかし先日、「四年生の一番最初から遡って確認する為のテスト」の際に、「習ってから日にちが経っている」が故に漢字を忘れてしまっていて、点数が悪かった。

ということが少し話しているとすぐに判明しましたので、対策としては、

・「習ってから日にちが経っている」漢字に関して覚えているか否かの確認を行い、忘れてしまっている漢字は書き取り練習をする。
・三年生の時には特にそのようなことは無かったが、忘れてしまっている漢字は必ずあるハズなので、念のため三年生の領域から振り返る。

という風にしました。

その対策に適したプリントは親の責任で作成する

親の責任で「作成」するとは言っても、一から作成するのは色んな意味で難しい為、まずは一日5分程度×60日間で一年分で習う漢字を勉強出来る市販の書き取りドリルを本屋さんで買ってきました(三年生と四年生の二冊)。

色々探し回ったのですが、漢字以外の勉強もセットになっていたりとか一回の量が多かったりなど今回の対策には適さない部分があるものが大半だったので上記のものにしたのですが、上記のものも答えとなる「漢字」が問題と同じページに書いてあって「それを見ながら答えの欄を埋めることも出来る」状態となっており、まずは過去に習った漢字を覚えているか忘れてしまっているか確認するのが大きな目的の一つである今回の対策においては、その部分は決定的に適さない状態でした(それ以外の問題の量(一日5分程度)などは完璧)。

従って買ってきたドリルは自宅ですぐにバラし、スキャナーでスキャニングして、その画像データの中で「答えの漢字が書かれてしまっている部分」をPCの画像処理ソフトで消して(正確には上から白塗り)、そしてプリントアウトして「我が家の対策用のプリント」として作り直した上で使用することにしました。ちなみにこの作業の所要時間は60日分を行うのにスキャニングが30分ほど(自宅のプリンターでのスキャニングなので一枚一枚の作業です)、画像処理が30分ほど(これは仕事でも行う作業なので慣れている分だけ普通よりかは少し早目かも知れません)の計一時間ほどでした。

そういう意味で「自作」することは、塾などではなく自宅で勉強を見ている限りは時には必要なのだろうと思っています。

「懲罰」ではない「勉強」

テストで10点を取ってくるなんて有り得ない!当分はテレビとかゲームを禁止だ!(もしくは減らす!)

みたいな「懲罰」的なことをやっても、何の意味も無いし誰も得をしないと、個人的にはそのように考えています。

従って今回の件でしたら、

・テレビやゲームなど日々の楽しみは減らさない(と言うか無関係)。
・部活の練習(本人の希望で遅くまでやっている)も減らさない(と言うかこれも無関係)。
・もちろん他の勉強も減らさない。
・ただただ、「過去に習った漢字をきちんと覚えているかの確認」と、「忘れてしまっていた漢字の書き取り練習」が目的なのだから、それを毎日プリント1枚、平均して5分程度、毎日継続して頑張ろう。

という話を最初に息子に話し、本人も5分程度なら大した話では無いと感じたようで(と言うより初めて取った「悪い点数」に本人もそれなりに問題意識はあったようです)、そんな感じで漢字の自宅勉強を始めた次第です。

おわりに

まずは三年生の分から始めて本日で約一週間ですが、今のところ分からない漢字がほとんど無く(=書き取り練習がほとんど要らない)、「平均したら5分も掛からない」という感じで推移しています。

が、ほとんど無いと言っても「忘れてしまっていて書けない漢字」が10個中に1個程度は出てきますので、まずは三年生の分からやり直してみて良かったなと思っています。

場合によっては方針変更などがあることも視野に入れながら今後も見ていこうと思っています。

と言うと大層に聞こえますが、対策やプリントさえ最初に用意してしまえば、後は日々の所要時間は本人が5分程度、親の丸付けが1分未満の話なので、基本的には「大した話では無い」と思っています。

※ ※ ※ ※ ※

別ブログ(下記のリンク先)で算数に関することを記しています。宜しければご覧下さい。

sansuu-no-benkyou.blogspot.jp