kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

「仕事」と「お金」の関係

たまに「もし宝くじで○億円が当たったら、それでも仕事を続けるか」という設問やその回答に関する記事を見かけます。

これに関して思ったことを今回は書きたいと思います。

※ ※ ※ ※ ※

私はお金の為「だけ」に仕事をしているという意識はありません。

すなわち、仕事というのは「自分の特性や能力を活かして仕事をすることによって、現在や将来にこの国に生きる国民の生活が少しでも豊かなものになるために貢献する行い」であると思っている訳です。

しかしながら、もし宝くじで何億円かを手にして、一生生活には困らない、という状況になったと考えると、例えば上で述べたような「社会貢献」の意識は同じであっても、その行いを「収入」と結びつける必要が無くなります。

すなわち、例えば「完全に無報酬のボランティア」でも良いことになる訳です。

※ ※ ※ ※ ※

そのような状況になっても、自分は現在と同じような情熱を持って働くことが出来るのだろうか?

想像に過ぎませんが、それは難しいのかも知れないと思うのです。

すなわち、一定の拘りや情熱を持って続けている現在の仕事ですが、それが「自分や家族が生きていく為の収入」に直結しているからこそ、例えば私はフリーランスで働いていますが(九年目)、仕事の依頼が無くなり無収入になったら困ると考えて技術力や信頼の積み重ねを大切にしようとか、もしくは自分の意に反するような「不本意」な仕事は極力断れるだけの交渉力を維持する為に圧倒的な技術力を維持しておこう、すなわち「お金の為だから仕方ない」というような妥協を極力しなくて良いように身を律して常日頃から頑張っておこうとか考えている訳です。

そのようなモチベーションを維持しながら頑張って働く現在の「仕事」が私は心底から好きな訳ですが、仮に宝くじで何億円も当たってしまい「一生困らないお金」を手にしてしまった時に、それでも「仕事」というものに関して現在と同様の情熱を持つことが出来るかと考えると、それは難しいのかも知れないと考えるのです。

そして現在の「お金」のことも考えながら仕事に励み、そして一定の「結果」を得ながら満足感を持って働けている現状は、大変有り難い話なのだろうと改めて思いました。

※ ※ ※ ※ ※

そんな訳で「仕事」と「お金」の関係について記してみました。