kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

2017衆院選の結果を見て思ったこと

衆院選が終わりました。自民党の圧勝という結果でした。

自民党が圧勝という結果は極めて当たり前の結果であるように思いました。自民党が素晴らしいから、というよりかは「他に選択肢が無い」(まともな野党が居ない)ということなのかな、と率直に思いました。

※ ※ ※ ※ ※

ここ何回かに分けて取り上げてきた「日本をリセットする!」と吠えていた新党に関してですが、結果は惨敗だったようで、全国的に広がりを見せなかったとか、そういうレベルの負け方ではなく、お膝元である「東京」でも惨敗という結果で、党首の「側近」という候補者が落選するような有様です。

この新党に「合流したい」という民進党の議員に対して新党党首が、考えが違う者は合流をお断りするという意味で「排除する」という言葉を使ったことが有権者の支持率を下げたというような記事も読んだのですが、考えが違う者の合流をお断りすること自体は正しいことのように感じる訳ですが、そもそも新党なので国政で何の実績も無い上に党首は今回の選挙に立候補もしませんし、更には党首の職である東京都知事としても大した実績もあげていない(と言うより知事になって時間も大して経ってない)訳ですから、そんな党に対する有権者の「支持」なんて党首に対するイメージ優先で大した根拠も無かったのでしょうから、党首のちょっとした態度や言葉遣いなどの瑣末な話でも「イメージの悪化」で支持率が急落するのは極めて当たり前の話であるようにも思いました。

※ ※ ※ ※ ※

そして、そんな新党であっても「泥舟」民進党よりかはマシだと言って踏み絵を踏まされてまで新党に移った元民進党議員たちでも当選した人は多く居る訳で、と言うよりも新党の当選者50名の内の半数以上(私が見た報道では31名)が元民進党議員である訳であり、すなわちついこの前の民進党時代には「安保法制反対」と叫んでいた元民進党議員が今回の選挙の為に「賛成です」(は言い過ぎかも知れませんが民進党の時のような反対一本やりでは無い)なんて宗旨替えした議員が「半数以上を占めている」というのがこの新党の姿である訳です。

仮に「選挙も終わったし、やっぱり安保法制は反対だ」なんて離党したりする議員が出てくればそれは人間性という部分では相当酷いとしか言い様が無いように思いますし、そしてそれをまとめることが出来ない党首というのは無能としか言い様が無いと思います。

まあ、そうなると決まった訳ではありませんが今後注目すべきポイントであると思っています。

※ ※ ※ ※ ※

この惨敗した新党とは対照的だったのが立憲民主党でした。大躍進どころか新党であるにも関わらず「野党第一党」にまで上り詰めた訳です。

私個人的には思想や理念と言った部分ではこの立憲民主党にシンパシーを感じる訳では無いのですが、それでも元民進党議員として、それまで主張してきたこととは全く異なる主張をする党にどれだけ「風」が吹いて人気がありそうだからと言ってそこに合流するなんて出来ないので、今まで民進党議員として掲げてきた政策等をそのまま主張し続けようと有志が集り新党を立ち上げて、自らの理念を貫きながら戦うといった姿には、「人間の生き様」としては共感するような気持ちも少し覚えました。

※ ※ ※ ※ ※

と言う訳で、この何回かはずっと選挙のこと(と言うより「日本をリセットする!」と吠えている党に絡めた話)を書いてきましたが、選挙が終わりましたので、今後は普段通り(政治のことは基本的に触れない)のスタンスに戻したいと思います。