kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

マナー違反と「犯罪」は決定的に違う件

なんか「マナー違反」と「犯罪」がごっちゃになっているなぁ、と改めて感じたので記します。

きっかけは、先日の産経新聞の朝刊で以下の書評を読んだことです(インターネット上の記事から引用しますが実際には朝刊の紙面で読んでいます)。関係する箇所のみ引用します。

仕事の手順や態度、時間の管理など職場でおかしいと思うことがあるとムキになって相手を責める人、芸能人の私生活の行動や公務員の“規則違反”などを取り上げては執拗(しつよう)にネット攻撃する人…。

自分が正しいと思わないものは悪、自分の味方でなければ敵だと単純にしか判別できず、短絡的に他者を攻撃してしまう。こうした、物事を多面的に見ることができない「認知的複雑性が乏しい」人が増えていると著者はいう。

【書評】フリーライター・桃村茶保が読む『正しさをゴリ押しする人』榎本博明著 あなたのまわりにも… (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)より引用

確かに仕事の手順なんて人それぞれ価値観の違うもあるだろうし、芸能人の私生活なんてホントにどうでも良い話だし、公務員の規律違反なんて、、、

ん?と思った訳です。公務員の「規律違反」は非難されてしかるべき「ダメなこと」であって、仕事の手順や芸能人の私生活のような事柄とは全く異なるだろうと率直に思いました。

確かに、自分が認められない行為を全て非難するような姿は問題があるという部分は同意する気持ちが強いのですが、やっぱり公務員の規律違反は強く非難されてしかるべき事柄であるように思いますし、また例えば同じ「不倫」であっても芸能人のそれは当人たちの問題であって周りが大騒ぎするようなことじゃないと思うのですが、一方で政治家のそれは有権者である国民から強く非難されてもおかしくない事柄なのであって、何でもかんでも「一緒くた」は良くないのではないかと率直に思う訳です。

※ ※ ※ ※ ※

ただ、公務員の規律違反に関しては、その内容にもよるのですが犯罪と書かれている訳ではない訳ですから文字通り「規律違反」の範疇だったとすると、政治家の不倫も同様ですが、まあ「犯罪」とは違う訳ですから「目くじらを立てるようなことじゃないさ」という考え方も有り得なくはないしなぁ、と思わなくもありません(私はそのようには考えませんが)。

そんなことを思った矢先に今朝の朝刊で以下の記事を読んだのです。こちらもインターネット上の記事から引用していますが実際には朝刊の紙面で読んでいます。

イベントは大盛況で閉幕したが、ユーザーのマナーが問題に。鳥取市では25日にJRの線路にイベント参加者とみられる男女約10人が立ち入り、県警が鉄道営業法違反容疑で捜査。市中心部でも歩きスマホや違法駐車が横行し、県や県警に苦情や通報が相次いだ。

イベント関係者の一人は「砂丘で安全に楽しんでもらうはずが、実施エリアを拡大したために市街地や駐車場での歩きスマホなど、危険を招いた。危機管理が甘かった」と振り返った。

ポケモンGO…鳥取砂丘8.7万人!線路立ち入り、バス待ち3時間、歩きスマホ、違法駐車…トラブル続出(2/3ページ) - 産経WESTより引用

なんか書き始めから「マナー」の問題みたいに扱っている訳ですが、確かに「マナー」の範疇の事柄も多いのでしょうが、

「線路に立ち入る」

とかはマナーの問題でも何でもなく普通に「犯罪」である訳で、しかも常識としてやったらダメと誰でも分かるような明確な違法行為であるように思いますし、鉄道と言うのが極めて公共性の高い社会インフラであることを考えれば「悪質」なものであるとも思いますし、小学生の遠足の引率じゃないんだから開催者が別に事前に何か対策をしなければならないような事柄でもなく、参加者(=国民)の一人ひとりが普通に法律に従って行動すれば良いだけの話で、価値観の問題ですら無いように思います。違法駐車も同様です。

改めて「マナー」を辞書で調べると

態度。礼儀。礼儀作法。「マナーのいい人」「テーブルマナー」

manner(マナー)の意味 - goo国語辞書より引用

という意味であって、

「犯罪」とは

1 罪をおかすこと。また、おかした罪。「犯罪を防ぐ」「完全犯罪」

2 刑法その他の刑罰法規に規定する犯罪構成要件に該当する有責かつ違法な行為。

犯罪(はんざい)の意味 - goo国語辞書より引用

ということですから、「それは迷惑だし許せない」「いや、それくらいはお互い様だし許容の範囲だろ」と価値観により左右されるような「マナーの問題」と、

明確な違法行為(=犯罪)は分けて考えるべき事柄であるように改めて思いました。