kazu-tの色々と思ったこと

1971年生まれの既婚の男でフリーランスです。色々と思ったことを記します。

自分を信じて仕事をする

私は一人きりの自営業者(フリーランス)になってもうすぐ九年になります。

その前に勤めていたのも設計(のようなこと)をやっている小さな事務所で、社長(事業主)と私とアルバイトの女性の3人しかいなくて、給与所得だが社会保険料や年金などは自分で納付する、みたいなスタイルだったので、いわゆるサラリーマンという感じではありませんでした。

新卒で普通の会社(大きくは無いが零細という訳でもない中堅企業)に入ってから10年も経たずに、30歳の頃にはそこを辞めて上記のような働き方になり、既に15年近くになる訳ですから、働いてきた期間の比率で言えば「普通に会社勤めしていた期間はあまりない人」になってきた訳です。

※ ※ ※ ※ ※

最初に入った会社を辞める際には、「せっかく入った会社だから」とか「せっかくの中堅企業(業界では老舗企業だった)の正社員という立場だから」などという考えは全く持っておらず、思い立ったら即決で辞めました。ちなみにタイミングとしては、新卒で入社して仕事を教えてもらってばっかりというのも何なので、社内で独り立ちしてからの期間がそれまでの期間よりも十分に長くなり、利益その他の面で十分にお返しは出来ただろうと自分で思えたようなタイミングで辞めました(それ以外の理由も複数あるが今回は省略)。

今から15年ほど前の話ですから(2002年前後)、別に景気が良い訳でも無ければ転職などの事情がバラ色とか、そういう雰囲気では全く無かった訳ですが、正社員の立場云々に全く未練が無かったのは、今から思えば単に何も考えて無かったとも言えるかも知れませんが、基本的には組織とか会社というものを信用してなかったからなのだろうと思います。

すなわち、どんな会社でも傾くときは傾くし、どんな立場でもクビを切られる時は切られるのだから、そんな「相手頼み」の立場に恋々としたって「安定」という点では何の意味もない訳で、それよりももっと「自分一人でも生きていけるような立場」になることのほうが余程「安定している」と考えたのだろうと思います。

今から思えば当時の自分の考え方や思考というのは(仕事に関することに限らず)「若かったな」と思うこともあるのですが、仕事に関して言えば結局それから15年ほど経った現在においても「一人きり」を続けている訳ですから、芯の部分は今でもそれほど変わっていないのだろうとも思っています。

※ ※ ※ ※ ※

自分自身もサラリーマンを辞めた頃から体調を崩して(診断名は「パニック障害」)十分に働けないどころか外食さえ辛いような時期が長くありましたし、また結婚してからも妻や子供が入院したりというようなことが一度や二度ではありませんでしたが、そんな経験を踏まえれば踏まえるほど出勤時間や規則などに縛られずに「自分の都合に合わせて自由に働ける」立場のほうがよほど仕事のパフォーマンスを発揮出来るのだから良いのではないか、というような思いが強くなったようにも思います。

そんな訳で、信じられるのは究極には「自分だけ」という意識で仕事を続けてきましたが、そのような生き方が自分には合っていたのだろうと思っています。

※ ※ ※ ※ ※

なお、では「会社」とか「サラリーマン」という存在を否定する気持ちがあるかと言えばそれは全くありません。仕事の種類にもよるのですが会社などのいわゆる「組織」が無いと財やサービスを世の中に提供出来ない業種など多数ありますし、私が働く業界だってそうです。取引先の「会社」が世の中と私の技術力を結びつけてくれているからこそ仕事をする者としての私の居場所があるのだと思っています。

ただ、性格などの自分自身の問題や、もしくはその他の色んな周辺事情により、組織(会社)で働くことが困難なのであれば、そうであっても「自分が世の中(と言えば大げさであれば例えばあるコミュニティ)に対して提供出来る財やサービスなど」のことを突き詰めて考えスキルを積み上げてさえいれば、「正社員」という道を外れたくらいで「ダメな人生」に陥ってしまうなんてことは無いのではないか?という風には今でも思っています。